飛行機の旅


順番がおかしくなっちゃうけど、忘れないうちに書いておこう。

2009年9月28日、
成田空港から、父と母、キクちゃんと山さんに見送られ、

c0209213_6203736.jpg


重い荷物をせっせと背負い~


飛行機で12時間。

じゃーん!
PARIS

しかもJICAの計らいでパリで一泊してから次の日の朝にエールフランスでモロッコに移動という、なんとも優雅な旅でございます。

せっかくパリに来たんだからと、ホテルを抜け出し少しパリの街を散策。さっそく鉄道と地下鉄を乗り継ぎノートルダム寺院に。広い広場に、夜だったので深い黒い闇のからライトアップされたノートルダムはとても堂々としてて、遠くから見るだけでも感動っ。

c0209213_6215027.jpg
c0209213_622527.jpg



後は、近くのカフェで軽く食事をして、そのままプラプラ。なんだけれどもさすがパリ。どこを見ても、どこを写真撮っても絵になる街。残念ながら時間がほとんどなく、シャンゼリゼ通りやエッフェル塔などまでは行けなかったけど、それでも満足。そしてまた戻ってきたいっって思える街でした。

カフェの隣にあった古本屋
c0209213_6231060.jpg


セーヌ川
c0209213_6233520.jpg


の横でマリリンモンローー???
c0209213_6241166.jpg


エールフランスの飛行機の中でいただいた赤い花。
c0209213_625387.jpg
キャビンアテンダントの男性が飛行機の中でせっせと作ってくれたらしく(キュン♪) 「お綺麗ですね。とてもフランス語がお上手です」と、私とマイマイ(同じく協力隊の女の子)に一輪ずつ。フランス語いうよりも英語で会話するほうが多かったですが・・・・なんだか楽しかったです。





ちょっと長めの飛行機移動で腰が痛くなったり、鼻の粘膜が痛かったり(>_<)したけれども
モロッコ隊には女神が一人。

c0209213_627174.jpg


とっても癒されながら、機内食も食べまくり、お菓子も沢山鞄に詰め込んで、いろんな景色を見れた旅でした。
[PR]

# by sweet_fish421 | 2009-10-04 06:30 | 観光・旅行

到着!


2009年9月29日、モロッコ時間の昼12:30位に空港へ着きましたー。
ひゅ~~
c0209213_436016.jpg


暑い!というよりも 熱い!

秋になってきたとはいえ、やっぱり昼の日差しは熱い。日焼け止めヌリヌリしながら町を歩かないと、いつの間にかコンガリころけになってしまいそうです。でも夜は結構涼しいのでジャケットが必要だったり。


c0209213_4555461.jpg首都ラバトの町並みは、予想とは違いとても広くて、明るくて、都会的。
聞いてた通り、車はどんどん割り込み運転、歩行者も自転車も車とスレスレで道を渡る、駆ける、飛んでゆく。交通マナーに関して言えば、先進的とは言えないけど、道路の整備とか、スーパーマーケット、レストラン等など、とても良く綺麗にできていて、自分の中の発展途上国とは全然ちがうイメージ。物価もそんなに安いわけではない。

c0209213_4564460.jpgやっぱり、外国人向けのビジネスも沢山あり、首都や都会に関して言えば先進国に引けを取らない発達をしてるんだろうなと思う。世界の中でもモロッコ国としての経済発展レベルは中の下、下の上といった位置だそうで、必ずしも援助が必要なところばかりではない。むしろ、モロッコがほかのアフリカ最貧国などに援助を行っているのも事実。モロッコ役人の中には、日本から援助をさせてあげているといった考えの
人もいるそうです。ただ、都会は発展していく一方、田舎に行けば行くほど、教育レベルが低かったり、食べていけない人が沢山いたり、交通規制はないも同然だったり、インターネット・電気が安定してなかったり、なんだか急ぎ足で先進国の仲間入りをしたいがために、おいてけぼりにされている部分が沢山あるなぁ~と感じます。地域格差もかなり激しいみたいです。私の任地は首都からかなり離れた田舎にあるので、そんな都会と田舎の違いをみるのも面白そうだなと思ってます。

ホテルの部屋
c0209213_52285.jpgさてさて、モロッコに来てやっと3日がたちました。空港に着いてから、ホテルのチェックイン、銀行口座の開設、各大使館へのあいさつ、いろんなオリエンテーションがあるけれど、すべてJICA事務所の方々が手厚く手伝ってくれて、もうすべてまかせっきり。今のところフランス語も日本語に訳して説明してくれるし、本当に本当に感謝です。事務所の方とてもいい方で2年間安心して頼りに出来そうです。


今日はモロッコの外務省へ9人全員であいさつに。フランス語で自己紹介をして、あとはJICAスタッフにお任せ~。何やら長いこと、なぜ私たちが配属されるところにボランティアが必要なのか?なぜボランティアには女性が多いのか?など、難しいことを話していましたが、5%くらいしかわからなかった~。ふぎっ~!
c0209213_565511.jpg


午後は、日本の大使館へあいさつに。大使の広瀬大使はとても頭がよさそうな、感じのいい女性でした。一人ひとりの仕事内容や状況などにもしっかり質問してくださったり、モロッコの現状を話したりと。


そして今日、やっとネットがつながった!!
ホテルのネット状況が悪くとても不安定なので、なかなかメールできなかったり、ネットカフェ行く時間がなかったり、ネットが遅すぎてイライラしたり。そんな感じでブログを続けていくのかな。

モロッコの王様の王宮。でかい!!周りは高い壁に囲われ、兵隊さんに守られてます。モロッコの王様は世界でもかなりお金持ちだそうです。
c0209213_5183919.jpg


ラバトの中心街。国会の周りはとってもきれい。
c0209213_5195811.jpg


まずはラバトで1カ月研修です。来週1週間はフランス語研修。2週目からアラビア語研修とホームステイが始まります。
[PR]

# by sweet_fish421 | 2009-10-02 05:15

前夜祭


いよいよ出発です。
只今深夜3時。いまだに荷物の整理が・・・というより重量が重すぎてどうしようっ!!と悩み続けて早数時間。

c0209213_2242193.jpg
・・・・やっぱりこの子は置いてゆくしかないかしら(涙) 
c0209213_2285131.jpg

ブルともしばらくお別れ・・・(涙) 一宮のみなさん、本当にブルと桑原パパ・ママをよろしくお願いします。










自分は本当は友達作るのとか苦手・・・と思ってたけど、気づいてみれば自分の周りには沢山の友達と家族がいるんだなぁとしみじみ。2年会えない・・と思うと会いたくなる人が沢山いた。この2週間で会えなかった人が沢山。そう思いを馳せられる人たちがいるだけでも私は幸せ者だと思います。
パーティーやってくれたみんな、わざわざ千葉まで来てくれたり、東京出てきてくれたり…本当にありがとう。

c0209213_2141081.jpg
海風びゅんびゅん吹く中のまさかのビーチ DE ピクニック★ 


c0209213_2143635.jpg



そして最後の出発イブ。自分で自分を送り出すパーティーしました(笑)
っというよりも、私は今まで沢山の人にお世話になり、沢山支えられて、帰る場所がいっつもあったかくて。だからこそ外国に飛んで行けるんだな~と思い、感謝の気持ちを込めてみんなに集まってもらいました。

本当につたないパーティーで、やっぱり私が励ましてもらう側で・・・やっぱりありがとうって言いきれなかった。

細谷家カップ達
c0209213_2121868.jpg

小学生のころからお世話になってる、高橋ファミリー
c0209213_2195556.jpg


c0209213_2234993.jpg


みなさん会いに来てくれてありがとう~。
そして、ちょっとモロッコいってきまーす^^
[PR]

# by sweet_fish421 | 2009-09-28 02:43

訓練生活


協力隊は派遣が決まると訓練が始まります。
JICAの訓練所は2か所あり、福島の二本松市と長野の駒ケ根市にある訓練所にそれぞれ分かれ約2カ月の訓練生活をします。21年度2次隊、二本松訓練所では今回200人(過去最高人数だそうです)。下は22歳~上は68歳まで、まだまだ学生さんもいたと思えば大学教授がいて、みんな同じ釜の飯をたべ、合宿生活。まさに人種のるつぼのような、面白い場所でした。日本ではない。

そんなるつぼちゃん達を紹介。

我が愛するフランス語の仲間たち。真中は誕生日に生クリームアタックをくらったムッシューじゅんじ。
c0209213_0504287.jpg

授業風景。やる時は真面目に。
c0209213_0515875.jpg

クラスの先生『モハメッドくん』。モロッコ人。 
c0209213_0523311.jpg

ほぼ毎日、一日5時間のフランス語授業、そしてさらに自己学習・宿題などで訓練生活の70%はフランス語漬。最初は不安だったけど、クラスの仲間がサイコーで、面白いし頭はいいし。このクラスの仲間がいなかったら、フランス語好きになれなかったかもしれないなぁ。ありがとーー。

c0209213_123421.jpg
そして次にありがとうしたいのが生活班の5班メンバー。訓練生活の70%が語学だとしたら、残り30%あげちゃいたいくらい濃い時間を一緒に過ごしたメンバーです。私を含め、マイペースな人間が多かった5班なので、班長と副班長のあんちゃん、まこっちゃんにはとても迷惑をかけました…。すいません。


c0209213_110637.jpg
談話室で勉強会。っていっても勉強してるのはフランス語・アラビア語・英語とみんなバラバラ。談話室で勉強してると、雑談の方が楽しすぎて私は集中力ゼロでした(笑)ここでお菓子を食べたり、ごろごろしたり、体操したり。談話室の写真は勉強してるか、食べてるか、寝てるか・・・・そんなんばっかだったよ?

生活班というだけあって、班のみんなはいつしか家族のような存在に。末っ子23歳から(なぜか私もたまに末っ子扱いだったけど)、お姉さん(姐御?)、あんちゃん、お父さん世代のダンディズム満点のジェントルマン達まで、計16人。そんなバラエティー富んだ16人が2カ月暮らせば、もちろん嫌な事も見えてくるんだけど、それを通り越しても好きになれちゃう人たちでした。そして私がどれだけ、平凡な人間で、ちっちゃい人間だなーって思えるくらい、みんな経験豊富だったり、内面がでかかったり。私はみんなに会えたこの2カ月だけでも協力隊に応募する価値はあると思う。
c0209213_128381.jpg

c0209213_123349.jpg

★班Tシャツ隊★
c0209213_1292950.jpg



勉強以外にも頑張りました。一応語学と講座以外は自由時間が多いので、その時間を利用してスポーツしたりイベントもやったり、自主講座を開いてみたりしていました。

班対抗バレーボール(カメラマンとして参戦!)
c0209213_1274710.jpg


社交ダンスでサンバ・ルンバ♪♪
c0209213_1302463.jpg


棟対抗スポーツフェスティバル。こんなに綱引き頑張ったのは初めてで・・・腰が・・・
c0209213_131572.jpg


散歩してみたり
c0209213_1323242.jpg



そんな2ヶ月

 『あっ!!!!』

というまに過ぎてしまいます。最初はだるかったラジオ体操も軽快にこなす自分に成長を感じた頃だったのに。。。英語が出てこないくらい、フランス語中毒になりかけた矢先だったのに。


2009年9月10日二本松訓練所は199名で修了式。 
たくさん不安は残るけど、それでも卒業できた。たくさん仲間ができた。とりあえず限界まで久しぶりに勉強した!余韻が残るくらい素敵な思い出ができた。だからちょっとはこれから任国で待ってるたーーーーーっくさんの問題とかストレスも耐えていけるのかな。二本松でなかったら、出会えなかった仲間に感謝。これからのそれぞれの活躍が楽しみで仕方がありません。




c0209213_1452811.jpg
c0209213_145589.jpg
c0209213_1462822.jpg

[PR]

# by sweet_fish421 | 2009-09-22 02:07

ボランティアで行く

9月28日から青年海外協力隊員としてモロッコに2年間派遣されることになりました。

このプログはその2年間の記録として残せたらと思い始めます。
なんで、日記・報告というよりは、単なる私のつぶやきであったり、頭で整理がつかないこと、感じたことを書くことが多いかと思われます。それでもよければたまに覗いてもらって、暇があればコメントなんかもくださいな。


どこにモロッコがあるかわからない人のためにこれ。
c0209213_1514538.jpg



そして私の行く町は、エルフード。
c0209213_1275650.jpg
首都ラバト(カサブランカの北)より570㌔。アトラス山脈を越えて、サハラ砂漠の入り口の町として知られています。冬の夜は-5℃にもなり、真夏の昼間は50℃といった信じられない温度の変化がある町だそうです。風邪引きそー。



協力隊の事を知らない友達も多いので、今日は協力隊の説明とモロッコでの仕事について簡単に。

『青年海外協力隊は日本国政府が行う政府開発援助(ODA)の一環として、JICA(日本国際協力機構)が実施する海外ボランティア派遣制度。募集年齢は20歳~39歳(40歳からはシニア海外ボランティア制度あり)。募集分野には農林水産、教育、保健衛生などがあり、細かく分けると120以上もの職種に分かれている。(ウィキペディアより抜粋)』

青年海外協力隊に参加すると言うと、『井戸掘ったり学校建てたりするの??』と言われることが多いんですが、そういう援助は専門知識と技術を要するものなので、一人でできる仕事ではありません。結果的にそのような援助につながる活動をする人もいますが、基本的に協力隊員は箱モノを作ったりするのではなく、現地の人々と同じ言葉を話し、同じところに住み、同じものを食べる生活をします。「現地の人々と一体になって」「民衆とともに」その町を、学校を、病院を、生活を良くしていこうという考えの元ボランティア派遣をするもので、最終的な目的は技術移転にあります。日本人の技術や考え方を2年間を通してできるだけ、一人でもいいので伝えて、現地の人を育てていく=地域を育てる、というところに真意がある。ということで、派遣は基本的に一人が多いです。


私の仕事は『村落開発普及員』ですが、まさに上記のような草の根レベル的な活動がメイン。配属先は現地のNGO団体。要請書には「現金収入の向上」と「基礎教育の向上」といった題名が付いてましたが・・・・なんのこっちゃ?といった感じです。私も具体的に何ができるかわかりませんが、おもに活動する対象は町のママさん奥様グループです。現地NGOが女性グループのために裁縫・手芸教室、識字教室をやってたりするので、私はその手伝い。そして、その活動がもっと活発になるように、そして現金収入を得られるような活動が女性たちでできないか?できたらそれが一番いいみたい。そして子供たちにも字を教えたり、クラフト作り、スポーツ大会といった活動をしてほしいといった内容です。私がやりたい!できる!と思い、それが町の活性化につながることであれば何でもやってみていいみたい。私の中では町興し活動+ガールスカウト活動の大人版といった認識なんですけど、こんなんでいいのかな???とにかく町に人とどっぷりコミュニケーションをとりながら、一緒に考えて一緒に活動する仕事です。


ちなみに言語はフランス語とアラビア語。
フランス語は仕事で使う機会が多いみたいですが、町の女性、子供たちとのコミュニケーションはアラビア語でしか通じないそう・・・。その日常会話ができるようになるまでは、やりたいこともできないので、最初は必至で言葉を覚えていくしかないそうです。


7月から2カ月フランス語の特訓してました。そして10月から1カ月はアラビア語研修。
そして11月からそれぞれの任地に分かれて生活が始まります。


2年間の目標・希望はたくさんあるけれど、とにかく一番願うのは

《モロッコ人を愛しぬく》

自分が持てるだけ全部の愛をもって、周りの人を愛して、この人のために、この家族のために、この町のためになにができるか考えていけたら、どんな2年であっても素敵な2年になると信じてます。
[PR]

# by sweet_fish421 | 2009-09-21 01:35 | はじめまして