<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

こんどはメクネス +α

3月20日(土)~3月22日(月)

さーて、またラバトを出発し今度はメクネスでストップ。スピーチコンテストでも来ていた刺繍が有名なKたん村にお邪魔してきまたーー。


メクネス → ムーレイドリス → カルメット(Kちゃん任地)。


c0209213_20263983.jpg
メクネスの都会から1時間ほどしか離れていないけど、緑がすごかった。。。車の中から見える景色は南仏プロバンス。エルフードのナツメヤシの葉っぱと雑草の緑で満足していた自分が悲しいよ。
カルメットでは1泊。散歩して、近所の家に遊びに行き、昼寝して、散歩。さらに隣の村へお茶しに行き、ロバに乗って帰ってきました。村人は皆穏やかで、メクネスに近いからか布で顔を隠す人も居なくてエルフードよりちょっと開放的に感じた。だからと言って、カルメットの方が田舎だとは思うだけど、肥沃な土地だからかしら??なんかギラギラ感がなくて、穏やかだ。地域性発見。


Kちゃんは同じ村落隊員。なんとアラビア語とフランス語ぺらペーーら。最初は苦労したとは言っていたけど、今は村人としっかりコミュニケーションとっていて、なんと言っても村人全員Kちゃんにハートマーク♪ どこに遊びに行ってもKちゃんは可愛い、優しい、素晴らしいと大絶賛。しかも毎日この調子らしく、当のKちゃんももう慣れっこ。もしかしたらKちゃんの自己否定しないあの自信はこんな村人たちの日常崇拝に支えられてるものなのかしら。いい意味でね。


そしてムーレイドリスといったら、これまた世界遺産のボリビリス。ローマ遺跡。
ここも脱モロッコ感を味合わせてくれる素敵な場所。ちょっとはしゃぎすぎちゃった。

ボリビリスでジャンプ!
c0209213_20215357.jpg


ボリビリスでかくれんぼ。
c0209213_20222394.jpg




そんなこって、食って、寝て、ないて、遊んで、踊って、歩いて、盛りだくさんの春休み。ちょっと盛りだくさん過ぎて、エルフードの帰ったらちょっぴりほっとした気分に。そして一人もやっぱ好きだなと思ってみたり。

華ちゃんが来てからはじめての旅行。途中Yちゃんがえさの世話などしてくれたおかげで元気に帰りを待っててくれました。ただキッチンの床に広がるウンチの海はしばらく見て見ぬふりでやり過ごしましたとさ。

以上春休みの出来事でした。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-22 20:28 | 観光・旅行

送別会。。。(>_<)

3月18日(木)~19日(金)


ラバト上京のもう一つの目的はお世話になった先輩隊員の最終報告会と送別会参加のため。

前からずっと行っていたけど、ついにリッサニのKさんとエルフードのK姉さんが帰ってしまいました。

他にも同じ隊次の隊員もいて、合計9人ほどごっそり居なくなる。


事務所で会ったりすると、ここが変だよモロッコ人的な突っ込み大会だったり、日本帰りたいと連発してたりするけれど、送別会ではいい思い出しかり、笑いあり、涙あり、感動ありで、みんな2年間しっかり活動したからモロッコの文句も言えるし、感謝も言えるんだろうなと実感。最後は皆もらい泣きでやっぱり一緒に活動した人が帰ってしまうのは悲しいなと私もうるる。


みなさん、2年間お疲れ様でした。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-19 20:18 | 観光・旅行

フェズ観光

3月15日(月)~3月17日(水)

今回は用事が終わっても帰りません。

ずっと行きたかったフェズへ同期MMと一緒に遊びに行ってきました。実はフェズにはまたまた同期(シニアボランティア)が居るので彼女を頼りに行きました。持つべきものはシニアです。
フェズといったらメディナ(旧市街)。世界遺産だよーー。

c0209213_20134751.jpg
Nピーお抱え秘書兼生徒のジモティーのドリス君の案内の下、楽チンでメディナ堪能。フェズのメディナは分かりにくくて有名らしいから、案内なしだと大変だなー。フェズは小物が超可愛い♪フェズ陶器は青がメインで軽くてさわやか。買って帰りたかった。写真はフェズのタンネリという、なめし革職人の仕事場。くっさいので、一人一つミント支給制。



一人でぷらぷら歩いてたら蜂蜜スーク発見!
Nピーも知らなかった色んな蜂蜜がおいてある蜂蜜専門市場☆ ス・テ・キ!! しかもドリスに言ったら、おじさんが居るって事でいろんな種類の蜂蜜を味見させてもらいました。ジャスミン、ラベンダー、なんかの木とか、色々。蜂蜜って種類によってこんなにも味が違うのかーー!と開眼。私はラベンダーのスッキリ蜂蜜を買ったのだけど、帰りにNピーの家に忘れてきてしまい結局手ぶらで帰りましたとさ。フェズに行ったらリベンジだ。ここ、おすすめです。


フェズ2日目は、メディナが見渡せる高台に上ってアッチャイ♪昨日のメディナの喧騒とは裏腹に、ここは視界が広くて、風がさわやかで、肥沃な大地が見渡せて。ゆーーーーっくりしたい時は、ドリスもここに来るんだそうで。フェズっていいなぁ~。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-15 20:12 | 観光・旅行

スピーチコンテスト

お久しぶりです。
生きてます☆
前回の日記からだいぶサボってしまいましたが、この一ヶ月何してたんだ?!という状況なのでおさらいしましょー。とりあえず、勝手に春休みの一週間から。


3月13日(土)日本語スピーチコンテスト!
モロッコで日本語を勉強するモロッコ人を対象に予選を勝ち抜いてきたつわものが色んなテーマでスピーチ。

c0209213_2010142.jpg今回はものづくり隊員の一員なので、活動先の女性を連れて(先輩隊員にくっついて)今アソシエーションで作り始めた小物入れを出品♪まぁ、まだ最初なので質と量は可愛らしいものでしたが、刺繍の綺麗さは褒めてもらえたし、売上げもそこそこで満足の結果。他の出品してたアソシエーションは、絨毯が有名なCちゃん村の可愛らしい絨毯だったり、メクネス近くのKたん村のメクネス刺繍達だったり、ベルベル村代表のグルミマの民族系小物だったり、どれも協力隊員ががんばって営業してきたアソシエーション。商品の内容も濃くて量も種類も豊富。どれも超かわいくて、販売エリアにずっと居たらついつい金沢山使ってしまったい・・・。
こういうほかのアソシエーションの商品や活動をエルフードに持ち帰って紹介したら女性達にもイメージわいてモチベーション上がったいいな=。

c0209213_20104128.jpg
メインのスピーチに方は残念ながらほとんど見れなかったけど、出場者じゃなくても日本語流暢に話したり、日本の歌で盛り上がってたり(コブクロといきものががりが人気らしい・・・)コンテストのレベルの高さが伺えた。それにしてもモロッコ人は本当に語学の才能が満ち溢れてる人が多くびっくりさせられる。日本語勉強してる人は、普段話すモロッコ方言のほかに、正式アラビア語・フランス語・英語は当たり前、そのほかスペイン語・イタリア語、中国語話す人とかも居て・・・どんだけ!??


そして日本語スピーチコンテストでは恒例の「ソーラン節」。
前日の特訓、朝錬のおかげでバッチリ決まりました★ 4ヶ国語以上話せるモロッコ人にワイワイはやしたてられると申し訳ないくらいですが、楽しかったです。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-13 20:11 | 活動

congé

3月11日(木)


今日の夜からラバト(首都)に上がります。

13日土曜日は、日本語スピーチコンテスト。
モロッコで日本を勉強してる人達が予選を勝ち抜いて、その語学能力を競い合う結構大きな大会。去年のビデオを見ましたが、日本語のレベルの高さに脱帽。本当にモロッコ人は語学の才能にあふれている人が多い。耳がいいんだな。

私はヨサコイと手工芸販売に参加。

ヨサコイダンスは日本文化紹介の異文化交流のため。
手工芸販売は普段の活動の成果を紹介・村の女性の現金収入貢献。

などなど、色々称していますが(もちろん本当にそう)、私にとっては久々に任地を離れてリフレッシュ!できるいい機会。

買うぞーー。食べるぞ――。風呂は入るぞ――。化粧するぞ――。



その後もフェズ観光に行ったり、メクネスと先輩隊員の任地見学いったり~、盛り沢山の1週間半。


しばらく華ちゃんも一人にしてしまうけど、うまくお留守番できるかしら???
Yちゃんにえさだけお願いしよう。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-11 23:40 | エルフード日記

リコッタチーズ


以前作ったリコッタチーズ。

作り方は超簡単。

①牛乳1L(常温がベター)とレモン汁(大さじ2杯)、塩を少々を鍋に入れ、良く混ぜる。

②弱火でゆ~~っくり温度をあげ、50°C位になったら火から下ろす。

 ※50℃は小指を入れて、何秒かしたらアツっってなる温度。

③乳脂肪と乳清(ホエ―)がはっきりと分離していくので、優しくかき混ぜましょう。

④さらしとザルでホエ―を落として、いい感じのポロポロ感が出ていたら出来上がり。

c0209213_6344329.jpgホエ―は体にいいので、保存しておいて後ではちみつ、レモン、牛乳と混ぜて飲んだらとヨーグルトドリンク風で美味しかったです。

ちなみに、カッテージチーズの作り方はほぼ同じですが、牛乳を温めてからレモン汁(又は酢)を加えるそうです。出来上がりがどう違うのか私にはさっぱり。。。

サラダとかパスタにいいのではないでしょうか??

私は、Kさんのスペイン土産、いべりこ豚(!!)にリコッタチーズでオムレツにしてセレブ朝食気分を味わいました――。



そうそう、先日のヨーグルト作りも温度を注意しながら再チャレンジ。
今回は見事に見た目もばっちりなヨーグルトになりました。

今度は保温して、ブランケットでぐるぐる巻きにして、一晩中置いておいた。やっぱり温度が下がりやすい分長時間保温してるといいみたい。


市販のヨーグルトって酸味がきつかったりするけど、自家製だとなかなかまろやかな酸味で私好み。これならジャムなしで食べれるので健康的♪



・・・すっかり料理ブログみたいになってしまってますが、

私、協力隊でモロッコで活動中です。ええ。
これも村の女性達に紹介するためにあくまでも練習で作ってますので、日記のカテゴリーもしっかり活動にしちゃえーーー。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-11 06:40 | 活動

コンジェも終わり・・・

3月26日(金)


大分ブログほったらかしにしてました。
そしたら沢山スパムコメントが・・・。ちょっと見てないとすぐに繁殖する侵入者達。もう減なりなので、これからはコメントを承認制にします。


モロッコ赴任してから初めての長い休み。
帰ってきてからもボーっとして、
PCのOSを変えたためインターネットにもつなげず、
誰とも連絡とらずにいましたが、
私一応生きてます。


ほんとうは書きたいことたくさんあるんですが、

これから月末まで、第二号報告書やら、別件の作業もありありーのでてんぱります。

ボケボケしてる暇ないみたいです。


旅行の報告もそれが落ち着いてからになりそうです。でわ!
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-11 03:06 | エルフード日記

スタンプ集め


3月6日(土)


昨日滞在許可書を更新。

モロッコで長期滞在するには、住民であることを証明するカード Carte de sejour が必要です。大家さんとの契約書類や、JICA発行の証明書などすべて提出し任地の警察署で申請。

だけど、正式なカードは首都ラバトで本部が作成するためしばらくは仮の滞在書(レセピセ)を出してもらう。

誰でも作れそうなただの紙。1ヶ月毎に更新しなければならない。
c0209213_7465814.jpgc0209213_7491229.jpg


11月の初めに申請し、レセピセを作ってもらった。
12月。まだカードできてないから、裏にスタンプ押して更新。
1月。カードはあと1カ月はかかると言われ、3つ目のスタンプ。
2月。ラバトに確認したらもう送れる状態らしいから来月には!4つ目のスタンプ。
3月。もう来てるだろうと期待を込めて行ったのに、今回も本物ゲットならず…。

別にスタンプ集めに来てるわけじゃないんですけど…。
なのに今回のはスタンプもなくて、、、ちょっと残念感。


私「先月もう送ったって・・・・」ぶつぶつ。スタンプないし。
ドリス「まだ時間があるから焦るなよ~」との事です。


エルラシディアの同期は12月にすでにカードを貰っているのに、この1時間の距離の差でなぜこんな差が生まれるのか全く不明です。警察の質の違いでしょうか?


この前12月に帰った先輩隊員は、2年間の滞在23ヶ月目に初めてカードを手にしたそうです。
何とも言えない嬉悲しいタイミング。



それはそうと、今日はリッサニのKさんが引き継ぎ品も運びに我が家にきました。

華ちゃん、以前の飼い主さんと感動の再会かと思いきや、
お別れのときに無理やり籠に入れた恨みか、なんか緊張してよそよそしい。。。
それでも構わず追いまわす、Kさん。

そのしつこさとか?においとか?思い出したのか、最後には仲よくしてました。
c0209213_7495064.jpg



途中どっかいったとおもったら・・・




こんなところに!
c0209213_7435924.jpg






アップでどうぞ。
c0209213_743245.jpg


か、かわいい~~♪




明日はリッサニKさんと、エルフードのKさんの送別会(BY エルフードKさんプレゼンツ)
私は料理担当です。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-07 07:57 | エルフード日記

ヨーグルトの作り方


3月3日(水) 耳の日


先月勉強したチーズ作りの復習に、今日はヨーグルト作りにチャレンジ。
うまくできたら、集落でワークショップをしたいので、私真剣です。

ついでに作り方も紹介します。


①用意するもの

c0209213_017581.jpg
・牛乳1L (高熱処理されてないもの)私はいつもの牛乳おじさんから。

・そしてヨーグルトを作るためにはヨーグルトの種が必要なので結局ヨーグルトを買いはめになる。でもこれをもってヨーグルトの大量生産で安く美味しくヨーグルトが食べれるなら安いもんだ。2DH・・・・。


②消毒
c0209213_0214964.jpg
ヨーグルトに余計な雑菌が入るとヨーグルト菌がうまく発酵しないため出来る限り全ての道具を煮沸消毒。牛乳を温めるポットや、ヨーグルトを入れる小瓶をぐつぐつ煮てみる。


③牛乳を温める
c0209213_024581.jpg
温度は45℃くらいまで。指を入れてちょっと熱いくらいがいいみたい。あんまり温めすぎるのはNG。


④③の牛乳を少量取り分けて、ヨーグルト 大さじ2とよく混ぜ合わせる。
よく混ざったら、③のポットに戻して更によく混ぜる。

⑤先ほど消毒した小瓶に入れて、40度ぐらいの温度を保ちながら5時間放置。
c0209213_0283852.jpgc0209213_0333951.jpg

私は大鍋にお湯をはり、蓋をして、さらにタオルやらブランケットやらでぐーーーるぐるぐる巻きにしてみました。これで保温完了。途中2回程お湯を足して、温度を保つように努力。
ただ温度計がないので、正確な温度が分からない。温度調節が一番大切な乳製品との戦いに勘と記憶だけが頼りなのは大いに不安。


⑥ある程度固まったかな??というところで冷蔵庫で冷やしてできあがり♪



・・・・だったのですが。


結果
c0209213_040456.jpg
ん~。
固まってはいるのですが、まだまだ水っぽ過ぎて、ヨーグルトとは言い難いものになってしまいました。ただ食べみたら、味はヨーグルトに近い。そして酸味も殆どなかったので見かけよりは美味しく食べれました、というより飲めました。

敗因はやっぱり発酵させる温度だと思われるので、今度は更に温度に気を使ってブランケットの数も増やして(笑)暖かく見守ってあげないといけませんね。ちなみに発酵させすぎると酸味が強くなるそうなので(それが怖くて早く冷蔵しすぎた?)、今回のヨーグルトももうちょっと長めに温めてたらもっと固まってたかもと思います。


ヨーグルトはちょっと残念な結果になったけど、まだあきらめない!

c0209213_047799.jpg
次は、偽ヨーグルトを「さらし」で濾すようにつるし、水分を抜きます。下に落ちるのは乳清(ホエ―)で栄養満点なので後で再利用するためにしっかり保管。


2時間後には・・・

ヨーグルトチーズの出来上がり~~★
c0209213_0491996.jpg
こちらは水分もきちんと抜けて、しっかりしたいい感じの結果になりました。

今朝、はちみつをかけて、パンと一緒に食べたら、、、美味!!!

超おいしい~さっぱりチーズこってりヨーグルトの間の子




これでヨーグルトも大量生産かいがあったってもんだ。


その後は、勢いに乗ってリコッタチーズもつくったので、また今度紹介します。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-06 01:07 | 活動

カギ編み流行中


2月の活動。


もう3月ですね。
モロッコに来てもうマル5カ月。月日は早い。

2月はアソシエーション4つを周りました。

そのうちITRANハナボウ集落ではカギ編みが中心です。

最初教えられることがなくて、手芸と言ったらカギ編みが好きだったので始めました。何個かサンプルも作りながら、モロッコ人にうけるものを!と。


今のところ大ウケのルームシューズ。右は子供用。
c0209213_7203426.jpgc0209213_7205491.jpg

最初は甲の部分と底の部分を別々に作ってから、横で縫い合わせていましたが、教え始めると甲と底のサイズ合わせが難しくて、縫い合わせるときに無理やりに。何度か試し、上から一気に底へ減らし目をしながらいくとサイズ調整が楽な事を発見。しかも端処理の手間も減りスッキリなルームシューズに。このやり方でやり始めたらなんとか形のいいルームシューズを作れる人が出てきた。ただ減らし目というのが理解できない人が多く、そこが苦戦中(>_<)。

もう一点。
c0209213_7291244.jpg
モロッコと言えば、アチャイ。
アチャイっと言えばティーポット。
ティーポットと言えばジャジャ(アラビア語でニワトリ)。

たまに見かけるティーポットに付けるジャジャの鍋つかみを作ってみました。
下にひく、おそろいの鍋敷きも現在作成中。



こんな感じで、結構毎日カギ編みしています。

1月位からカギ編みやり始めたハナボウは(もともとカギ編み出来る人もいたせいか)
最近は編み図を読めるようになって、編み図だけ提供すればほとんど自分達で作ってしまいます。それがどうした??って思う人もいるかもしれませんが、モロッコ人は地図を読めない人も多いのです。モロッコでは日常的に本を読む、図を読むなんて事を殆どしない。だから本に書いてあることを、頭で理解して、それを現実の世界で形にするという事がとても難しい(特に教育がない人)。だから私はハナボウの何人かでも、カギ編みの記号を覚えて、その記号を並んでるのを見て、考えて、次のステップを実行するってだけでもすごいことだなと思うのです。

って感じで、少しでも自分の活動の意味を見出したいとポジティブに考えてみたり。

私の周りではカギ編みが好きな人が多いみたいなので、新しいこと始めてもカギ編みは続けていきたいなと思う。その為には自分のスキルアップも求められるのですが・・・。


ちなみにモロッコには手芸本なんてないので、
時間があれば、手芸の大好きなモロッコ女性の為に手芸本・アイディアをまとめて作ってあげたいなとおもう今日この頃です。その為にはアラビア訳をしてくれる人が必要だなー。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-04 07:49 | 活動