<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

冬到来

12月14日(水)


モロッコにも本格的な冬が到来。
先週の終わりごろから、山岳地帯にも雪が降り始め、ここは雪は降らないまでも寒い。

そしてモロッコの家は特に冬寒いし暗いので気分もついつい沈みがち。
なんだかエフルード近辺は夏になるととんでもなく暑くなるらしいのです(50°C以上・・・)。
そのためか、ここら辺の家は夏涼しく過ごせるように(全然涼しくないらしいけど)、
コンクリート造りだっり、窓が小さかったり。

冬の昼間は外でコートを脱ぎ(日差しが暑いから)、家でコートを着ています。
昼間は外で過ごした方が快適です。
といっても今年は暖冬。去年のこの時期はもっと寒かったらしいからまだラッキーかな。


今週はちょっと家にこもりがち。
週末が忙しかったせいか、月曜・火曜と体調があまり良くなかった。

気候にはだいぶ慣れてきたと思うけど、まだまだだなーー。
明日は村集落で活動です(先輩の活動先を引き継ぐ予定)。

気合い入れていこーー
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-01-14 06:49 | エルフード日記

2010年 第一週


1月7日2010年。

もう2010年明けてから一週間経ちました。全然、新しい年という感じがしないです。


今週から新しいアソシエーションも探してみる事にした。

今の活動先のITRANはメインのアソシエーションとなるが、結構活動は不定期。
識字教室は先生も真面目だし週3回は来て、結構人が集まってるけど、
洋裁教室の方はなんだかマンネリしてる感じ。先生も週1,2回しか来ないし、女性達も着たり来なかったり。
今日(木曜日)は洋裁教室の日なのだが、先生が来たのは4時(本当は3時から)、4人くらい新しい女性達が来たけど、20分くらい話して帰ってしまったーー。洋裁なんてここ2週間くらい全然見てません。
まぁー先生もボランティアで来てるし、やる気がないとか文句は言えない現状。

そんなことで、カギ編み教室も洋裁教室の日を一日借りてやることに。
編み物がマンネリ化してきたら、他の手芸したり、ちょっとしたアクティビティも出来ればいいのですが。

会長がいいよーーって言ってから、なーーーにも話を進めてくれないので
もうこっちで動いてとりあえず始めてみます。



でもITRANだけでは活動に広がりがないので、今週からエルフード近郊のアソシエーションを当ってみる事に。実はアソシエーションと現地NGOの事なのだが、割と沢山ある。一つの村に一個はある。エルフード市内にも10個前後はあるんじゃないかな?全部は見きれないけど、前任者が当っていたリストをもとにコンタクトをとって、何ができるか考えています。


エルフードに来てから考えてばかりでまだ何も始めていない。
とにかく来週からITRANでちょこっと、隣村のハビバットという集落で週1回。他の集落も通いながら自分のできる事を模索したいと思います。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-01-08 06:17 | エルフード日記

2010年初日の出ツアー in サハラ


皆さん、明けましておめでとうございます。

日本ではお正月の楽しいテレビが盛り沢山でしょうか?
モロッコでは特にお正月はありませんが、私は一人で家に引きこもり勝手に寝正月してます。


31日~1日、New Year SAHARA に行ってきました。

初めての砂漠。
エルフードで協力隊仲間と集合し、グラタク(ベンツタクシー)を貸切、ホテルトゥンプクトゥへ。

ホテルは観光客向けに小奇麗。外人(自分を含め)が多くてビックリしました。
砂漠8回目のベテランKさんもこんなに賑わってるホテルは初めて見たと言ってました。



ホテルでウェルカムドリンク、毎度おなじみのミントティー、アチャイをいただき
c0209213_835328.jpg
リッサニKさんがモロッコ人女性からいただいた新年祝いのケーキ。小さなメッセージと共にいただく。メッセージのデコレーション?具合がかなり斬新です。頑張った感がとってもキュート。


午後3時、ちょうど日本では年が明ける頃ラクダに乗って砂漠ツアー開始。
c0209213_8415370.jpg


ホテルのすぐ目の前に広がるサハラ砂漠。
私の想像してた THE砂漠 がそこに。
c0209213_845354.jpg


どこまでも広がる赤い砂。触ると粒子はとっても細かくて、ひんやり。砂じゃなかったらブランケットにできるくらいやわらかい。その細かい粒子が積み重なって、時には大きな丘まで作るほど。どれだけの砂があるんだろうと途方に暮れてしまいました。

c0209213_9232468.jpg
エルフードのKさん、砂漠とラクダが似合うだけでなく、まさかの偶然!ガイドとおそろいの!青いスカーフ。

遠目から見ると砂漠のオアシスに住むモロッコ人夫婦にしか見えませんでした(笑)


途中で2009年最後の夕陽を見つつ、一休み。
c0209213_8495483.jpg


更にラクダに乗り、ホテルからテントまで合計約2時間ラクダに揺られ、
ようやく集合テントに到着。

ちなみに2時間のラクダライドの後は、「ラクダはラクだ~」なんておやじギャク言ってられないほど股が痛くなるのでご注意を。


c0209213_914117.jpg
夕飯の後、満月の下、砂丘を転げ落ちて遊んだり、iPodを最大音量にして懐メロカラオケ大会in砂漠。
2009年最後の最後で久しぶりに大笑いして転げまくったので、体中砂だらけ。テントに戻ってゲームをしつつ、気づいたら23時55分。誰の時計が正しいか分からないままバタバタしてたらイタリア人団体客が大騒ぎしてたので便乗してHappy New Year。


全然!!実感の湧かない年明けでしたが、まぁ、そういえば毎年実感なんてなかった気がするな。ちょっとだけ焚火に加わり、イタリア人とチャオチャーーーオしたら、就寝。ちょっぴり寒い、静かーーーな夜を過ごしました。



そして夜明け。


c0209213_962458.jpg

今回はこれが目玉。2010年初日の出。

今まで初日の出と言えば千葉の海から。
だけど、砂漠で見る日の出もまるで砂の海から太陽が昇るようで、とっーーーーても神聖な光景でした。
海と違うのは波の音がない。完璧な長い静けさの中から、少しずつ昇る太陽の光は何か心がてらされる様な、なんとも言い表せない感動が。

朝日に照らされる砂丘も綺麗。
c0209213_911313.jpg



そしてじっくり初日の出を堪能したら、

c0209213_9125350.jpg

またまた2時間のラクダライドでホテルに帰って素敵な朝食です。



年末年始シーズンのせいで、沢山歩かされたであろうラクダちゃん。
お疲れ様~。今年は沢山お世話になりに来ますよ!
c0209213_9245440.jpg



砂漠の美しさと、ラクダの痛さと疲れで年末年始気分も忘れがちだったけど
その後はエルフードに帰って、協力隊仲間と2010年元旦を過ごしました。

エフルードのKさんの家ではお正月にカレーを食べる習慣があるとのことで、お雑煮+カレーパーティーでガールズトークに花を咲かせましたとさ。
c0209213_9362152.jpgc0209213_9365036.jpg



今年はモロッコでどっぷり過ごす一年です。
まだ何がどうなるのかも分からないし、凹んだりもする毎日ですが、悔いのない年にしたいと思います。

去年大阪土産でいただいた、「大阪弁 おみくじ綿棒」
元旦に引いた綿棒はなんと、超吉(ある意味怖いで~) だった!なんのこっちゃ。
でも幸先はいいですね♪
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-01-04 09:42 | 観光・旅行