<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

アメラグという場所

12月1日(火)~3日(木)

もう12月ですね。
任地に来てちょうど一ヶ月が経ちました。
たってしまいました。
なんだか自分のやれることも分からずもんもんとしてるので時が経つのが遅いような。でも早い。


犠牲祭のおかげで、配属先も1週間のやすみ。
エルフードに居てもやることがないので、隣町に居るK隊員の家に遊びに行こうと思ったら、
Kさんは街の女性達と一緒にここより4,5時間離れたアメラグという山岳地域にM隊員の活動を見に行くのだという。

M隊員は手工芸専門でアメラグで女性たちとフェルト素材のバブーシュやアクセサリーなど作っている隊員。しかも任期があと1週間程しかないので、これが最後のチャンス!と思い立ち私も便乗。

思いつきで旅をすることに。


アメラグはエルフードより北に山方面に5時間くらい行った村でした。
グラタク(乗り合いタクシー)やら、民営バスやら、ミニバスやらいろんな乗り物を乗り継いでやっと到着。

途中集落以外にはほとんど何もなく、山とか岩に囲まれた田舎でしたが、絶景なり!

c0209213_0272619.jpg

ごつごつした岩やら見渡す限りの荒野。

エルフードに行ったら見れるかなと期待してた砂漠の代名詞「サボテン」ちゃんもここにあった!!サボテンは高地に多いみたいです。

c0209213_1105154.jpg
c0209213_1112417.jpg



が・・・・

   寒い!寒いぞ!

標高が高いせいもあり、エルフードにはない昼間の寒さ。
こんなの誰も教えてくれなかった・・。風邪引きそう・・・


一泊目は、私もKさんもホテルに泊るつもりでいた。
アメログには一軒だけホテルがあり、一泊100DH(1200円)くらいでお湯シャワーの出るなかなかいいホテル。が、Kさん同行のモロッコ女性は、「お金がもったいないわ」と私たちがお金を出すをいくら言っても話を聞かず、知らないモロッコ人に次々と話しかけ、いきなり田舎に泊まろう企画。家に泊めてもらえるよう交渉しはじめた!!知らないモロッコ人宅に泊まるなんて危険だ!しかも村だから泥土の家に凍えて寝るのも嫌だ!と思い必死にホテル行きを勧める。

Mさんの家で説得。モロッコ人女性もなかなかいい家が見つからなかったらしくしぶしぶホテルに向かうことに了解しかけたところ、、、、「ピンポーーン」。 
扉をあけると、Mさんの大家さん。しかも、村の男性らしからぬ、スッキリとしたなかなか男前のモロッコ人男性。私とKさんが、かっこいいモロッコ人だときゃいきゃいしてる隙に、モロッコ人女性が大家に話しかけ始めた!やばい!これはまた泊めてもらおう交渉ではないか!?

とアラビア語に耳を傾け始めたその時・・・・

  「マルハバ!!」(アラビア語でようこそ!)と大家さん・・・・・。


      交渉成立。



今日は大家さん宅で泊まることになってしまいました。あの説得はなんだったんだ…。

c0209213_0483263.jpg
でも、まぁ大家さんかっこいいからいいか(意味不明) と皆で大家宅へ。

大家って大体金持ちですが、やっぱりいい家でした。村の家!って感じだったけど家族の人もいい人で、素敵なサロン(客間)で泊めてくれ、おいしいクスクスもいただけました。モロッコ人女性もモロッコ人とワイワイ会話ができて楽しんでいたので結果オーライ。(写真左:Mさんの大家さん。 写真下:大家宅の家畜と子供たち)

c0209213_1184335.jpgc0209213_0494970.jpg

朝起きたら朝ご飯は、飼ってる家畜からの新鮮牛乳と新鮮たまご♪
田舎暮らしはのどかだなぁ~~


2日目はいよいよMさんの活動先を拝見。
と思ったけど、今日は結婚式があり女性達はほとんど来ないそう。どこも同じなんだなぁ~。
なので少しだけ見学。

c0209213_1192379.jpgc0209213_120211.jpg

羊毛はモロッコではとても安く手に入るので、Mさんはそれに目をつけアソシエーションの資金集めに始めたらしい。今では女性達も作業を覚え自主的に作業をするそう。だけど、新しいものを開発する力がないため、Mさんが退任したあとのアソシエーションがどうなるか心配です(後任はこないそう)。

c0209213_1205272.jpg
私もせっかく来たので、フェルトの作り方を教えてもらうことに。

Mさん宅でフェルトのバブーシュ(スリッパ)を作りました。

行程はそれほど複雑ではないのだけど、以外に力がいる。羊毛を絡ませるためにひたすら押したり形を整えたり。日本育ちの私にはきついけど、普段家でパンをこねてるモロッコ人女性はこういう時頼もしいのだそう。だからこそモロッコ人女性にも受け入れられたのかも?小麦粉を羊毛に変えて…というMさんの着眼点に尊敬!!

エルフードの女性も興味を持ってくれたらいいな。



夜は久しぶりの日本食でした。
やっぱ日本人の家って最高だ。
c0209213_121317.jpg


この日の夜は念願のホテルに。綺麗なホテルを見せたらモロッコ人女性も楽しそうでした。


いい旅でしたが、この寒さに案の定風邪をひきました。
エルフード帰ってぐったり・…。
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-12-06 01:26 | 観光・旅行

羊まつり本番

11月27日~29日(金~日)

今週末はモロッコ中待ちに待った犠牲祭。
金曜の夜はスークもごった返していました。

慣例では土曜日の朝に羊の解体をするので、私もビデオカメラをバッグに忍ばせモロッコ人宅に27日の夜からお泊まりへ。良く行く店のお兄さんの家でしたが、サロン(リビング)も大きくて、液晶テレビもあるような結構裕福な家でした。

羊は2匹解体するそう。
(あとで知りましたが、裕福な家庭では親戚あつまっても各家族に羊一匹らしく、私の大家さんはお父さんの家に羊が4匹いるそうです。どんだけ羊食べるんだ?!)


11時ごろ、いきなりナイフを持った解体屋。服は血みどろで、一体何匹殺してきたの!?という風体。
そして、なんか息つく暇もないくらい手際が良かった。


羊を押さえつけ
c0209213_9293589.jpg



ナイフで


しゃーーー!!!

と一撃。




        あっ・・・あ・・・


と言う間に こんな可愛い羊たちが、
c0209213_9284953.jpg



こうなる
c0209213_9302288.jpg




そのすぐ横でマイペースに料理を進めるお母さん・・・。
その後ろで次は自分の番かもしれないとメチャクチャ緊張する犬。
c0209213_10204778.jpg


なんだか食物連鎖の縮図を見ている気分でした。
c0209213_9351365.jpg




私はあんまり内臓器好きじゃないので、
羊の解体を見るよりも、それを食べされられる方が怖かったけども・・・

なんだかおいしい! (写真左:睾丸 写真右:腸を乾かしております)
c0209213_9443343.jpgc0209213_9452477.jpg

【腸の炭火焼】
c0209213_9455791.jpg


羊のレバーのブロシェットも
羊の腸、食管、肺など煮込んだタジンも(モロッコ風モツ煮?)
なんだかいけてしまうのです。

やっぱりさっきまで生きていた肉。 焼く直前まで血が通ってた肉。
そりゃ~おいしいですよ。レバーに臭みが全然ない。
今回は2日しかお邪魔しなかったので、全部の肉を食べる機会がなかったけど来年はチャレンジですね。
睾丸とか…


ちなみに、犠牲祭は気持ち悪くて見れないか、感動するか・・・といった人たちが多いのですが、私は中間くらい。
確かに血がシャーーーっとなった時は怖かったけど、終始意外と冷静にビデオを回し続けました。
私たちはこんな光景目の当たりにしなくてもスーパーで薄切り肉が買える。モロッコに来る前は、その肉の裏にこんなに血が流れてるなんて考えもしなかった!でも、良く考えると実際は日本でも同じことが行われている。けど私たち日本人は綺麗なおいしい部分しか見えてないのだなーー。


そんな事を考えながら羊が見事にさばかれているのを見学・・・・

数十分後には私の前においしぃ~~~~串焼きが置かれていました♪

食べる前には自然に「ビスミッラー(神の名において)」と出てくるのでした。
c0209213_946443.jpg


犠牲祭おめでとう!
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-12-01 10:11 | エルフード日記