<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

わたしの涙


11月25日(水)


涙シリーズ、第3話。 思いがけずシリーズ化…。


今日JICAモロッコ事務所CA事務所からこんなメールが。

【ボランティア各位:
今年の羊犠牲祭は、28日(土)と29日(日)と日程が決まり、同祭を家族と過ごすためにモロッコ人(&羊)の移動が始まっています。

この時期は事故・犯罪被害が集中する時期で、実際に羊を購入するお金欲しさに外国人を狙った強盗事件(フランス人が被害者の強盗事件が2件)も発生しています。

羊犠牲祭直前の今週は特に犯罪被害が多くなりますので皆様におかれてはあらためて注意喚起願います。】


こんなメールを見てふと思う。

強盗したお金で羊を買って、それを捧げて・…  
はたして神様は喜ぶのだろうか・・・・?


とまぁ、俺だって家族と犠牲祭を祝いたい!!
という気持ちは分かるけど、こういう時こそモロッコ人お得意の
インシャッラーー でいいのではないか??と思っていました。

※モロッコ人との会話で必ず出てくる「インシャッラー」という言葉。直訳すると、神様がそう望めばそうなる。といった未来の出来事に対する言葉。「また明日ね、インシャッラー。」とか、「日本へ行きたいわ、インシャッラー。」 たとえ人間がどれだけ努力しても神様がそう望まなければ実現しないという考え方が根本にある。ただ大切な契約・約束事にもインシャッラーを連発されると、本当にやる気があるのか?!とイラッとすることも。


なので、羊もお金がなければインシャッラー。必要ならば神様が与えてくれるでいいじゃないか?と犠牲祭にかけるモロッコ人の意気込みを知らないだけにこう思ってしまいます。


そして本題ですが。。。。

本日・・・・





携帯を紛失いたしました。
ちーーーん。


正しくは昨日でしたが、活動先で編み物をみんなでやって時だと思われます。私も一緒にせっせとカギ編みを教えていたのだけど、、、そこに知らない少年一人。誰かの子供だと思って気にしてなかった。携帯が一回なり、一度確認してまたバックの中に。

・・・・までは覚えてる。

気付いたのは昨日の夜。電話をしてみたら、電源が切れてるアナウンス。おかしいな??
今日活動先に探しに行ったら、だれも携帯見てないとのこと。。。。そしてあの少年誰??!って話に。
まぁ今となってはあの少年が盗っていってしまったのだろうという説が濃厚で、あの少年の行方を探したいわと悔やむところでございます。

私もちゃんと鞄を管理してなかったのが悪いのだけど・・・残念でなりません。



そして、JICA事務所の勧告メール思い出し、


           私の携帯も今頃羊に変わってるかも・・・・



それで貧しいモロッコ家庭がちょっといい犠牲祭を送れるのであれば良いとしよう!とか
すごーーーくポジティブに考えてたりもしてみました。

とまぁ、今日はそんな切ない涙の話。
これでシリーズは終わりにしたい。

みなさんも気をつけて!
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-26 08:50 | エルフード日記

羊の涙

11月24日(火)

昨日は女性の涙の話でしたが、今日は羊の涙。
今モロッコ中で羊がメェーメェー泣いて鳴いています。

c0209213_4351561.jpgc0209213_4365255.jpg

それはモロッコでも1番大きな行事の一つ、犠牲祭(ライードクビーラ)が近いから。
今週の27日(金)から3日間のお祭りです。
羊一匹を殺し、皮をはぎ、内臓も肉も余すことなく感謝して食すらしい。

このお祭りは元々旧約聖書の話が由来しています。
【アブラハムが長男イサクを神様の生贄として捧げようとしたところに、神様が「お前の信仰心はよくわかった、代わりに羊をささげなさい」とお告げがあった】という聖書でも有名な箇所の一つ。

家族全員集まってお祝いする行事なので、日本で言う「お正月」みたいな存在でしょうか。
この日のために家長は羊を確保。家も綺麗にし、服も新調する。お金持ちの人はリビングまで模様替えするそうです。

なので街中、皆そわそわ。わらわら。
スーク(市場)にはいつもより人が多い。家では食事の準備で女性は大忙し。
そしてこの時期は羊スークも出現します。

大体一匹1000DH~4000DH(約12000円~48000円)位と大きさや種類によってピンキリだそうですが、犠牲祭が近くなると羊の値段も沸騰するので、いつ買うのかも腕の見せ所。それにしても羊一匹2万円前後とは…日本人にとってもバカにならない高さだと思います。貧乏な家庭はどうやって羊を確保するのでしょうか?

それぞれの家庭の前に(家の中に飼ってる人も)つながれて「その日」が来るのを待つ羊たちが日に日に増えていく。


毎年やってくる羊にとったらたまらないこの行事。
羊たちも分かっているのか、なんとなく鳴き声がもの寂しいような・・・。
c0209213_4433870.jpg

【めぇ~。めぇ~(涙)。】



私もスークで知り合った家族宅に招待されました。
金曜日に泊り、土曜日の早朝から羊を捌くそうです。どきどき。
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-25 04:26 | エルフード日記

モロッコ女性の涙

11月23日(月)

最近夜更かしがどうしても過ぎてしまう。
朝、耳元で携帯が鳴った。
うぅーと思い電話に出るとJICA事務所からの電話だった…。
やばい。時刻は11時・・・。完全に寝すぎ。
私のグータラ生活がバレて、調整員さんに飽きられました。

気を取り直して、着替えて、顔を洗い、今日は黙々と作業。
明日裁縫教室の持ってく編み物をある程度形にしたい。
昼になりお腹がすいたので近くのレストランでピザを食べつつ独りアラビア語の勉強。
あぁ~今日はITRANに何時に行こうかなーと思いつつ、町に向かうと

大きな家に沢山の女性達。そして嘆き悲しむ声。
通りまで人が溢れ、皆大きな眼に涙を浮かべボロボロ泣いている。

・・・・何事?


大通りをさらに行くと、渋滞。。。エルフードに渋滞??そんなの初めて見た。


さらに先を見ると、大勢の男たちの群衆が大通りを歩いてる。
それが車を止めているみたい。
c0209213_6423476.jpg


気になってしょうがなかったので、ちょっと小走りで群衆に近づくと何やらアラビア語で歌いながら歩く男性衆の真ん中に棺がありました。


そう、今日は私宅、近所のおばあさんが亡くなられ、お葬式があったそうです。それにしてもすごい人数。男性陣は50人くらいいたんではないでしょうか?しかも大通りを先に行けばいくほど人数が増えていく気が。そして、後ろを閊えながら静かに進む車とバス。いつもならプップーとうるさい運転手たちも、お葬式の時はわきまえるみたいです。

日本でも沢山の人がお葬式には集まります。でもとても静かな印象がある。

モロッコ女性の悲しみ方は尋常じゃなかった。
外に溢れる人達までが大勢で肩を抱き合い、涙をふき合い、大声で嘆き悲しんでいた。
モロッコの人は怒る時も全身で怒る。何言ってるか分からないけど、怒ってる時は分かりやすい。悲しんでる時も全身で悲しむみたいです。感情をあまり隠さない人が多いみたい。

私はあまり怒っても顔に出さないタイプ。
人前で泣くのも苦手です。というか涙があまり出てこない。

どっちがいいってもんではないと思うけれでも、この国ではある程度表現した方が自分の為かもしれない。



大勢の人に囲まれ、涙と歌と祈りと共にお墓に見送られる。
今日のお葬式を見て、故人は愛されていたのだなぁと、故人を知らない私までしんみりしてしまいました。



4時ぐらいに活動先のITRANへ。

・・・閉まっていました。


・・・皆さん。今日はお葬式に出席ですか?
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-24 06:47 | エルフード日記

歓送迎会@エルラシディア


昨日はエルラシディア県内隊員の歓送迎会ということで、
エルラシディア県担当調整員Iさん宅で12人ほど集まりました。
私達新規隊員3名と1月に帰国する隊員。

3か月毎にエルラシディアでは何らかの入れ替えがあるので、
Iさんはそのたびに自宅に招いてくれるそうです。

いや~Iさん、料理お上手。
日本食なんだけれども、基本モロッコ食材で日本人好みの味付け。
なんとも素敵なソワレでした。癒されました。感謝です。

12人ほど集まった中には村落開発普及員の先輩方もちらほら。
ここぞとばかりに、みなさん最初はどうだったのか?何をしていたのか悩み相談させていただきました。
そしてやっぱり最初はみんな似たようなものだそうです。特にアソシエーション配属は目的も活動内容もあやふやで、1年たった今でも悩んで活動してる人もいました。
ある先輩はやっぱりアラビア語を2カ月ほど集中して勉強して、あとは暇な時間が沢山あるので言葉は分からずも集落を周りまくったとのこと。なるほどね。やっぱり自分で動かないことには何も分からないということです。私も見習って、まずはJICAに自転車申請することに決めました。



そして、私たちの話はイエメンの話題に。
イエメンの首都でJICA関連者(ボランティアではない)が拉致されて一週間拘束されてるとのこと。

下記に記事抜粋(Yahooニュースより)
【イエメンの首都サヌア近郊で日本人技術者の男性(63)が部族民の武装集団に拉致された事件は、15日の発生から21日で1週間が経過する。部族民による拉致事件の多くが早期解決しており、在サヌア日本大使館も「数時間もしくは1日か2日での解決を想定していた」が、獄中の親族釈放という犯人側要求に関して双方が折り合えず、予想より長期化する展開となっている。
 東京都内の建築設計事務所に勤めるこの男性は、日本政府の無償資金協力事業による小学校建設を監督していたが、15日午後、運転手と共に武装集団に拉致された。20日で事件は6日目に入り、関係者は「男性は犯人側に丁重に扱われているものの、精神的な疲労や体調管理面が心配だ」と懸念する。】


イエメンの首都近郊にはJICAボランティアも沢山住んでるそう。
首都以外で外国人が拉致される事件は何度かあったそうだが、首都で日本人が・・・となるともう心配です。訓練所で一緒だった協力隊の中にも2人イエメン派遣の子がいました。

幸いモロッコは安全な国なので政治がらみのテロ・誘拐などはほとんどないでしょうが、この様な事件が仲間の身近で起こってると思うと、技術協力・国際協力の仕事はある程度覚悟が必要なんだと考えさせられます。

一日も早くこの日本人男性が解放されますように。
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-23 08:07 | エルフード日記

おわび


ここにきてるということは、もうお気づきだとは思いますが、

このたびMixi日記を外部ブログにリンクしてしまいました。


Mixiユーザーが外部ブログ使いにくいと思い、あまりリンクしたくなかったのですが

いちいち同じ記事を両方にアップするのが面倒くさくなったという私の個人的な理由です。


ただこちらの方が写真を自由にアップできるので様子も伝わりやすいかと思います。

Mixiユーザーの方には迷惑かけますが、これからもご愛読お願いします。


c0209213_9352772.jpg


よろしくにゃ~
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-21 09:30

活動先

11月20日(金)

王様が先週の土曜日にラバトへ帰ったので、エルフードはいっきに静かな町になりました。
一体あの人ごみはどこに行ったのやら。

今日は活動先を紹介。
配属先はエルフードにある女性のためのアソシエーション

“Association Les Amis du People Marocain” 通称 ITRANc0209213_8442443.jpg

協会長がいて、裁縫の先生や識字教室の先生、あとは会計や書記などのメンバーがいるみたいだけど、私はまだ会ったことはなく、あまり協会長と会えないのでまだ全然全体像の把握ができていません…。


アソシエーションに集まってくる女性はだいたい識字教室に10数名、裁縫教室に4、5名といった感じ。そして私はここで「アヤ」と呼ばれています。日本人の名前はモロッコ人には馴染がなく覚えにくい!といったイメージが協会長ハディジャにはあるらしく彼女は日本人ボランティアにやたらとアラビア名をつけたがります。そして私はAyumiだから比較的近いAYAと命名。
   
そしてこの名前思いのほか便利!
      ①日本にも「アヤ」って居るしあんまり違和感なし
      ②モロッコ人が一発で名前を覚えてくれる!
      ③芸名みたいで気軽に名乗れる
                             といった理由で最近愛用中。


因みに私の前任者Kさんのアラビア名はヤスミン。
彼女はモロッコのスペシャリスト。通算4年はモロッコで協力隊活動をしていてすごい人なのです。
なので・・・アソシエーションに行くたびにヤスミンは元気か?ヤスミンはどこにいる?ヤスミンとこうした、ああしたと分からないアラビア語でよく言われてしまい・・・「あぁーヤスミンと比べないで~」と思いつつ苦笑しているアヤでございます。


女性達はお母様方。家事で忙しいので比較的時間が空いている午後3時くらいに集まってくる。従ってアソシエーションの扉が開くのも3時くらい。だから私が顔出すのも3時~5時か6時といったスケジュール。そうです毎日2,3時間くらいしか出勤?時間がありません。笑

【識字教室風景】今日はコーランの勉強
c0209213_8465082.jpg
識字教室は毎日結構人が集まってくる。ただ女性たちはアラビア語しか喋れず、悔しいですが私はほとんど会話ができません。とりあえず顔と名前だけ覚えてもらおうと思って顔は出しているものの、識字教室は半分イスラム教の経典コーランの勉強なので、私の出る幕なし。

その点裁縫教室はまだまし。これもまだ見ているだけだけど、私が意味が分かることをやっている。
先生は女性一人。女性たちがそれぞれ生地を持ってくるので(女性がよく着ているジュラバ(普段着)とかパジャマとか)、先生が線の引き方やミシンの使い方等を教えてたりしています。だけど皆一斉に何かやるわけではなく、それぞれふら~っとやってきてそれぞれの作りたいモノだけ聞いて帰って行く感じ。裁縫教室なのに針を使ってるのをほぼ見たことない~。将来的には収入に結び付く活動をしたいみたいだけど、今のところはそれぞれが自分のために作りたいモノを作って楽しんでいるといった様子。だから皆で何かやろうって雰囲気はないですねー。

             【裁縫教室のテーブル】奥にミシンがある部屋あり。裁縫は火、木、土の週3回。c0209213_8482658.jpg
木曜日に行った際、数人の女性がレース編みをしていた。カギ編みなら私も好き~と思いここぞとばかりアピール。そしたら私もやってみたら?という雰囲気だったので少しカギ編みをしてみた。ちょっと興味を持ってくれたので今度何か作品を作って反応を見てみようと思う。JICAの調整員さんがアドバイスをくれたので、時間のある今はサンプル作品でも作ってそれを見せて興味あるか反応を見てみたらとのことでした。本当は直に話して女性たちがどんな事に興味を持っているのか聞けたら一番いいのですが、何しろ会話ができない今なので、とにかく自分はこんなことできるんだーー!アピールで自分の居場所を見つけて行かないといけません。


私の今出来る事。
1、サンプル作り。
2、アラビア語の勉強(真剣に)。
3、この女性たちに何を伝えたら、この地域のためになるか考える事。



今はせっせとひざかけ作成中。
黙々作業って楽しい~というか気がまぎれる。
c0209213_851318.jpgc0209213_8503065.jpg

ちなみにこの毛糸、2つで160円くらい。安っ!日本なら安くても2000円はしますね。
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-21 08:55 | 活動

我家紹介


11月14日(土)

今日は裁縫教室のはずなのに、配属先のアソシエーションのドアは閉まってる・・・。
一応スケジュールはあるんだし、なんかこう。。。とりあえず行ってみないと開いてるか分からないっていう毎日振り回される感じやめて欲しい~。と思いつつ、今日の買い物を市場で済ませる。

30分くらい買い物してもう一度アソシエーションを覗いていると、ドアの前で娘と座るモロッコ人女性のマリカさん。聞くと、今日はとりあず活動はないみたい。お茶に誘ってくれたのでマリカの家まで付いていく。エルフードの住宅街の奥の方。どんどん奥に入るにつれて、土壁の家や電気なさそうな家が増えていくのに驚く。大通りらへんを歩いていると、こぎれいなエルフードも奥に入るとやっぱり貧しい家が多いのだなと、この田舎町でも格差を感じる。

マリカの家もむき出しのコンクリートの壁と、埃だらけの客間。窓にはガラスや扉がないので、穴?って感じ。

アラビア語での会話力がゼロにひとしいので、ほとんど会話はなかったけれどお茶はおいしかったです。
これからどんどんアラビア語を勉強して、もっともっとエルフードの女性の生活に入り込めたらと思いました。


そんな現状を目の当たりにした後に、自分の家を紹介するのもなんだか気がひけますが、まぁ家でくつろげないと元気も出ないしね。これから1年10カ月住む私の城、3LDKのなかなか綺麗な家なんです。

【家の外観】 一階が借りてる部分。2階が大家さん宅。玄関は別で2世帯住宅的な作り。
c0209213_50129.jpg


【玄関ホール】 この手前に金属製のドアがある。左手に客用トイレ。右手に部屋1。
c0209213_4374778.jpg



【部屋1】 玄関ホールの右手にある。現在は物置部屋。
c0209213_4393746.jpg



【リビング左手】 
c0209213_4492798.jpg
玄関ホールの扉を開けるとすぐに大きなリビングホールがある。そして左手に台所、洗濯物などの洗い場、シャワー室、寝室。



【キッチン】
c0209213_4422178.jpg


【ガスコンロ】 c0209213_4424310.jpg

ガスは市場まで買いに行く。ホースでつなげてガスを出しライターで火を付ける。ちょっとめんどくさい。


【洗濯場】 c0209213_4431194.jpg

洗濯場で手洗い。足でふみふみ、手でもみもみ。洗濯機はお金がないので我慢です。



【トイレ・シャワー室】 冬が寒そう!
c0209213_4433257.jpg



【寝室(部屋2)】 ここでパソコンもするので、大体の時間をここで過ごす。
c0209213_444549.jpg



【サイレン付きメガホン】
c0209213_4443620.jpg

常に枕元に配置するように!!とJICAに言い渡され、世界中の全ボランティアに貸与される。もし不審者の動きを感じ取ったらこれでサイレン!!警報~。上の大家さん、または近所の誰かが異常に気付いてくれますように!



【寝室からリビングへの眺め】c0209213_44539100.jpg

玄関ホールの扉をあけるとすぐにリビングになっている。。近々ソファーなどを買い足す予定。今は何もないただのホール。だけど壁がモロッコ調でかわいいので気に入ってる。


右奥に見えるのが部屋3。部屋3にはクローゼットもあり、本当は寝室にしたいのだが北向きなので寒い。冬の間は比較的暖かくなる南側の部屋2へ移動中というわけです。部屋3は今のところ衣裳部屋?



【テラス】c0209213_4482584.jpg
玄関の外の大家さんと共同のテラス。ここで洗濯物も干す。乾燥気候なので、びしょびしょのまま服を干しても一日で乾く!



一人で住むには部屋も多いし広いし少し寂しくなりますが、モロッコの田舎で一人暮らし用の部屋なんてありませんので、中流階級くらいの家はみんなこんな感じなのだそうです。この家は今年の9月まで居た幼児教育隊員の人から引き継がれたもの。家具も少し置いてあったので生活には困りません。これから少しずつこの家を自分色に染めて、エンジョイモロッコライフ★
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-15 05:04 | エルフード日記

Aランク隊員

11月13日(金)

我が家にもようやくインターネット開通~。これで思いパソコン背負って街中歩かなくても楽ちん。なんだかネットが入ると安心してしまう心境=「ネット依存症」っていう言葉も頭をかすりますが・・・


任地エルフードに来てから10日目。
ずっと王様が近くを巡回しているらしく、エルフードにはモロッコ中から集められた警察の数々。大通りでは10mおきに兵隊・警察が警備をしいる状態で、怖くてまだ町の写真を取れていません。


お腹の調子は1週間目にしてようやく落ち着き何でも食べられる!!と思いきや、次はのどに痛みが・・・。乾燥気候のせいで、口を開けて寝てしまう私。格闘の末撃沈。喉痛い。そして、昨日から喉の痛みも和らいできた私に鼻水攻撃。風邪の治り気味症状とでもいいますか。今度は鼻の咬み過ぎで鼻がヒリヒリ。乾燥で肌もヒリヒリ。一難去ってまた一難。エルフードに来てから体調万全だった日が最初の日しかない気がします。

昨日聞きましたが、モロッコの砂漠方面に派遣される協力隊(アフリカの田舎隊員は皆)は健康レベルが最高ランクなんだそうです。なのでエルラシディア県派遣の協力隊は、JICAの厳しい健康チェックで◎が出たツワモノぞろい。そのAランクの皆さんも任地派遣直後は必ず体調悪くなるそうです。恐るべし、エルラシディア。

それでもモロッコは電気も水道もある。私の知ってるガーナ派遣隊員Aちゃんはバケツ一杯の水で全身を洗うう過酷な生活。しかも外で。もちろん電気も水道もなーし。彼女はきっと「AAAエージェント」に違いない。JICAの宝ですね。



今日はやっとまともに手料理ができました。
なんかタイミング悪くて調味料が手に入らず、今まで塩としょうゆしか手元にない。何も作る気がせず、バナナばっかり食べてました(お腹壊してたしね)。

c0209213_6452321.jpg
が、今日は念願の「こしょう」を手に入ったので、塩だけの味付け脱出!さらにトマトペースト発見。

2日前あんなに微妙だった塩パスタ。。。。今日は胡椒の威力でキリッとした味に。
今日ほど胡椒を尊敬した日は今までなかったです。




せっかくパスタも作ったので、モロッコ人っぽくパンも食べよう~。と思い、1週間前に買っていたパンを引っ張り出す。隊員Kさんが、「エルフードは乾燥しているからカビが生えなくていいのよ~。ただパンを出しっぱなしにしていると硬くなっちゃうから気をつけないと。」と言っていたのを耳にして、きちんとしまっていたパン。ビニール袋2重にして、さらにプラスチックBOXで保存。


  がっ・・・  いざ出してみると・・・・

c0209213_6461318.jpg


カビーーん!

カビが生えてるじゃないですか。
エルフードでもカビが生えるなんてショック。まぁ1週間前のパンですもんね。保存料とかないしね。

と独り自分のおやじギャグにも突っ込みを入れつつ記念撮影。



今日は金曜日なのでクスクスの日。
大家さんとこのテラスで近所の子供達がクスクスつついていました。わらわら
私もこの後大家さん宅でクスクス。

c0209213_649061.jpg


c0209213_649356.jpg

[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-14 06:59 | エルフード日記

王様 来エルフード


11月7日


ご心配をおかけしましたが、昨日がピークで今のところ回復に向かってる感じがします。

まだまだお腹は痛いし、下痢も治ってないけど、今のところトイレに寝泊まりはしなくて済みそうです。

アフリカと言っても北アフリカにあるモロッコの冬は厳しい。
私宅も家の中は日が当らないので最近結構寒くなってきて、もう腹マキが手放せない!



そんな中、やっとエルフードにも王様がやってきました。
といってもエルフードのちょっと先に、王宮があるのでそこで滞在するからちょろっと通るだけみたいだけど。

それでも、大通りにはすごい人だかり。
バリケードがはられ、警備員が等間隔に並べられ、部外者立ち入り禁止!的な雰囲気。
これなら王様見れるかもと、大家さん一家と一緒に出かけました。

が・・・・待てど暮らせど王様来ない~。

最初は身を乗り出して歌を歌ってた子供たちも疲れ始め、ダラダラ。

子供の歌声が泣き声に変わっていく。

私も大家さんと一緒に連れられているため、帰るわけにもいかず待つこと1時間半。


歓声が上がる。


そして、黒塗りベンツやらBMW、白バイが15台ぐらいビュンビュンビュンと走り抜け、

おおお!と歓声が上がる白バイ隊の後ろに、なんだか車の中から手を振ってるベンツが一台。

ささーーーーっと通り過ぎて行ってしまった!


あれ??今の王様?・・・微妙すぎる。


私「これで終わり?」

モロッコ女性 「まだまだ。戻ってくるから」


まぁ、これだけ待ってあれだけじゃな。と、モロッコ人に押されながら踏ん張って待っていると

また黒塗り車隊が時速80キロくらいで走り抜け(速いからっ)


例の王様の車が。

上半身をサンルーフから出して、サングラスして手を振る人。


けど、車の速度が時速50キロ出てるんじゃない??

これまたささーーーーっと通り抜け


モロッコ女性 「終わったよーー」

私「え?これで終わり?王様見れた?」

モロッコ女性「一瞬ね」

ほんとに速いですよ。。
結局一瞬しか見る事ができませんでした。


いのりちゃん。王様は背広着て、ちょっと丸いおじさんだったよ。
ちなみにスポーツ好きで乗馬とかスキーとかゴルフ好きだからメタボではないかも。
ちなみにビジネスの手腕もかなり大したもので、今のモロッコで売られている砂糖は100%王様の会社が作ってるそうです。結構やり手な王様みたい。少しはイメージできたかな??


それにしても、これだけ待ってたんだから、大通りくらいもうちょっとゆっくり走ってくれても良かったんじゃない?と長々待ってた子供たちに同情してしまう私でした。
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-08 03:31 | エルフード日記

エルフード 4日目


11月5日


エルフード到着!

家は、前協力隊員で9月に日本に帰国したTさんの家をそのまま引き継ぎました。
写真はまた今度アップしますが、3LDKほどあるかなり大きな空間。

大家さんが綺麗に掃除してくれていて、

家具もTさんが大家さんに買い取ってもらったものが置いてあったので、すぐに生活を始められました。



・・・と思いきや、風邪の第2波がやってきました。

熱は一日で下がりましたが、下痢続きで何食べても15分後にはトイレの中です。
もうトイレで寝てもいいんじゃないか?と悪魔の声が聞こえてくる。

2日で4キロ減。


ここ数十年で最高記録を打ち出し中。

とりあえず今は休息に努めます。
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-07 02:03 | エルフード日記