カテゴリ:活動( 24 )

子だくさんな季節



最近ハナボウ集落では赤ちゃんのオンパレーード。

村の人も嬉しそう。




牛ちゃんだったり
c0209213_21591775.jpg


ロバの赤ちゃんだったり(この日に生まれたばっかりでまだうまく歩けないのー)
c0209213_2203843.jpgc0209213_221720.jpg


ウサギの赤ちゃんだったり。
c0209213_2215551.jpg



もちろん人間の子も♪
c0209213_2225346.jpg



生まれたては何でも天使のような可愛さで、ついつい笑顔になってしまいます。

これもすべて神様の恵み。


その恵みを感謝しつつ、村人は生きています。

生かされるってこういうことかもね。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-05-28 22:05 | 活動

今日はヨーグルト講習会


写真はありませんが、前回と同じハナボウ集落で昨日はヨーグルトつくり。

っといっても、


牛乳を暖めて・・・

ヨーグルトを投入。



それだけ。




あとは消毒するんだよーー!!とか、この温度でお願いねーーーとアピールしてきました。

お湯温めたりとか、牛乳温めたりとか、ビンにつめたりとか、なんだか注目の必要もない工程も多く、その間女性達は識字のお勉強。なんか言いたいことがあるときだけ、授業を中断して聞いてもらいました。なんとも和やかな午後。


ビンはそれぞれのうちで暖めてね♪

と渡してきたので、うまく出来た人と、出来てない人がいるだろうな。
話し聞いてない人多いから。



先週、今週とそんな女性達全員に向けての活動は初めて。
いつもは手芸が好きな女の子達を相手にしてて、
おばちゃんたちは挨拶するだけだった。

でも今回はいろんなおばちゃんたちと話せたり、名前聞いたり、手伝ってもらったりして楽しかった。
自分が何しに来てるんだかちょっとは分かってもらえたかしら?


先週はウサギパーティーに呼んでもらい、

昨日は牛を飼ってるおばちゃんが、ルベンをのみにきなーーよーーーと半ば強引に誘ってくれ、おいしい自家製ルベンとバター、絞りたて牛乳を頂きました♪♪ 新鮮なものって何でもおいしい☆


今回の講習の評判もかなり受けがよかったし、

何より新しく沢山のおばちゃんと知り合えて、

村の生活見せてくれて、

そういう交流の幅が増えたのが嬉しい2週間でした。


人脈増えないと活動の幅も広がらないしね!



さて、
明日から都市メクネスより山へ1時間。オリーブの村、カルメットベンサレムへの旅。

3月に一度お邪魔したが、
今回はもうすぐ任期が近い先輩村落隊員のKたんが企画した道の駅オープン祭りがあるので行ってきます。Kたん村の刺繍商品も大売出し。

詳しくはこんなサイト HakkaHakka をご覧ください(軽く宣伝中♪)


↑一応私も参戦して作ってるモロッコ紹介HP
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-05-20 21:00 | 活動

チーズを作ろう講習第一弾


お久しぶりです。みなさま。

ブログの更新が遅れていてごめんなさい。
元気です!といいたいところだけど、
ここ一週間体調が下り坂。
暑さのせい?


でも風邪にも負けず、暑さにも負けず、念願のチーズ講習やってきました。

舞台はエルフードから車で15分くらい行ったハナボウ集落。

村では家庭で牛を飼ってたりするので、村で手に入る材料でチーズが作れる。
そしてチーズは高いので貴重品!

なのでハナボウ村人大注目。
アソシエーションに30人くらいの人が集まって、私ドキドキでした。
いつも5,6人くらいしか相手にしないしね。

ちゃんとレシピも用意。(フランス語で書いて、後でアラビア語でも書いてもらった)
c0209213_62728100.jpg


ここで問題発生。
私は2リットルの牛乳で軽く作り方を紹介する予定だった(先週説明したときはその予定でした)
けど、会長が皆から5DHづつ集め始めた(50円くらいだけど村人は見返りを期待する額)。
そしてお金が沢山集まったから6リットルでやってくれといい始め・・・。
いやーー、6リットルか。やったことないし。でかい鍋あっても温度調節うまくできるかしら・・?

何度も2リットル案を勧めたけど、結局押し切られ・・・
でかい鍋で6リットル。

皆5DHも払ってやってきたので、期待度もグンっとアップ!!
あー、嫌だ。期待しないで。チーズって少ししかできないし・・・。沢山持って帰れないよ?!


1日目
まず、鍋を消毒!!
牛乳を30℃くらいまで暖めて、ルベンと酵素を入れる。


消毒と温度が大事!!

そして、15時間~20時間暖かいところで放置。


2日目
c0209213_6403754.jpg
24時間後の様子。この白い物体がチーズのカード(凝固した部分)らしい。
カードを1cm角に切る。包丁で優しく。


c0209213_643494.jpg
次にホエー(乳清)を切るために、布でつるし8時間~12時間更に放置。

皆には次の日の朝10時に来てもらうことになりました。



今回はホエーの切りすぎか(時間をおきすぎた?)ちょっとポロポロなチーズになってしまいました。私的には舌触りとか微妙な感じだったけど、感想は上々で一安心。
ただやっぱり分け前の少なさにチーーンっとなってた感が漂ってたので、次回やるときはお金を集めすぎないように気をつけないとという教訓になりました(私が決めたわけじゃないけど)。

そしてアソシエーションの開く時間がハナボウでは決まっていて夕方4時くらいから6時半くらいまで。次の日のアソシエーションの時間にという設定だと、チーズの成熟の時間と水切りの時間両方とも3,4時間オーバーで、時間調整の難しさがありました。もっと正確な時間に皆が集まることができたら、もっとおいしい結果になったかもと思いそこが悔やまれる・・・。


来週は残りのお金を使って、6リットル分のヨーグルト作り講習です。
こちらもちょっと量の多さと時間調整が不安だけど、ヨーグルトは出来上がりの分量が変わらないので、分け前的には満足してくれるかしら??


次回はもっと素敵な結果が得られますように!
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-05-17 07:08 | 活動

活動してまっせ


さてさて、春休みの説明も終わったことだし最近の活動をちょっと報告。

今日は毎週月曜日言っている、リッサニにある集落、ウーラドヨセフ。


日本語スピーチコンテストでの商品(刺繍してある巾着)はここのアソシエーションの女性が作ったもの。

っといっても、刺繍は先輩隊員のKさんが教え、またまた手工芸隊員だったNさんが助言を加え出来上がった巾着袋。モロッコ刺繍のフェシーをベースにNさんがデザインした砂漠地域オリジナルのモチーフ。私は特に何もしてないのですが・・・。


このアソシエーションの女性はほとんど小学校を卒業してあとは結婚を待つだけの少女たち。
あんまり伝統技術ってのも知らないみたいで、Kさんがフェシーを教えてあげてました。私はこういう伝統的な技術や知識を知らないのは持ったいないと思うので、たとえそれが収入向上に繋がらなくても、モロッコの伝統を引き継いでいく手助けをするのも大事なことだと思うのです。

っとはいっても女性の希望は現金収入。女の子たちは家事以外もてあましてる時間も多いのでそういう時間に内職です。こういう風に自分ががんばれば収入がある→生活が助かるっといったしっかりと意識してるグループは助かります。とっても単純なことだけど、モロッコは援助慣れしてる国だから、頑張らなくても収入が欲しいと思う人がおおいので。。。。


スピーチコンテストでSVの方から大量注文を頂き、もっかその注文対応が最近の活動メイン。まだ袋のサイズがそれぞれ違ったり、糸の本数を間違えたり、端の処理をしっかりしなかったりと、、、細かいことがどうしても雑になってしまうので、一個一個チェックしていく作業はちょっと大変。っていうか、私何様なんだ?!って気になってしまう・・・。一生懸命作ってるのに駄目だししたりして。でもビジネスなんだから。。。と言い聞かせ、多少のことは目をつぶり。。。

とにかく先輩隊員が頑張って育ててきた種だから、しっかり引き継いで頑張りたいなと、

ここでは、目下「品質向上」に集中して活動しています。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-04-22 07:48 | 活動

スピーチコンテスト

お久しぶりです。
生きてます☆
前回の日記からだいぶサボってしまいましたが、この一ヶ月何してたんだ?!という状況なのでおさらいしましょー。とりあえず、勝手に春休みの一週間から。


3月13日(土)日本語スピーチコンテスト!
モロッコで日本語を勉強するモロッコ人を対象に予選を勝ち抜いてきたつわものが色んなテーマでスピーチ。

c0209213_2010142.jpg今回はものづくり隊員の一員なので、活動先の女性を連れて(先輩隊員にくっついて)今アソシエーションで作り始めた小物入れを出品♪まぁ、まだ最初なので質と量は可愛らしいものでしたが、刺繍の綺麗さは褒めてもらえたし、売上げもそこそこで満足の結果。他の出品してたアソシエーションは、絨毯が有名なCちゃん村の可愛らしい絨毯だったり、メクネス近くのKたん村のメクネス刺繍達だったり、ベルベル村代表のグルミマの民族系小物だったり、どれも協力隊員ががんばって営業してきたアソシエーション。商品の内容も濃くて量も種類も豊富。どれも超かわいくて、販売エリアにずっと居たらついつい金沢山使ってしまったい・・・。
こういうほかのアソシエーションの商品や活動をエルフードに持ち帰って紹介したら女性達にもイメージわいてモチベーション上がったいいな=。

c0209213_20104128.jpg
メインのスピーチに方は残念ながらほとんど見れなかったけど、出場者じゃなくても日本語流暢に話したり、日本の歌で盛り上がってたり(コブクロといきものががりが人気らしい・・・)コンテストのレベルの高さが伺えた。それにしてもモロッコ人は本当に語学の才能が満ち溢れてる人が多くびっくりさせられる。日本語勉強してる人は、普段話すモロッコ方言のほかに、正式アラビア語・フランス語・英語は当たり前、そのほかスペイン語・イタリア語、中国語話す人とかも居て・・・どんだけ!??


そして日本語スピーチコンテストでは恒例の「ソーラン節」。
前日の特訓、朝錬のおかげでバッチリ決まりました★ 4ヶ国語以上話せるモロッコ人にワイワイはやしたてられると申し訳ないくらいですが、楽しかったです。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-13 20:11 | 活動

リコッタチーズ


以前作ったリコッタチーズ。

作り方は超簡単。

①牛乳1L(常温がベター)とレモン汁(大さじ2杯)、塩を少々を鍋に入れ、良く混ぜる。

②弱火でゆ~~っくり温度をあげ、50°C位になったら火から下ろす。

 ※50℃は小指を入れて、何秒かしたらアツっってなる温度。

③乳脂肪と乳清(ホエ―)がはっきりと分離していくので、優しくかき混ぜましょう。

④さらしとザルでホエ―を落として、いい感じのポロポロ感が出ていたら出来上がり。

c0209213_6344329.jpgホエ―は体にいいので、保存しておいて後ではちみつ、レモン、牛乳と混ぜて飲んだらとヨーグルトドリンク風で美味しかったです。

ちなみに、カッテージチーズの作り方はほぼ同じですが、牛乳を温めてからレモン汁(又は酢)を加えるそうです。出来上がりがどう違うのか私にはさっぱり。。。

サラダとかパスタにいいのではないでしょうか??

私は、Kさんのスペイン土産、いべりこ豚(!!)にリコッタチーズでオムレツにしてセレブ朝食気分を味わいました――。



そうそう、先日のヨーグルト作りも温度を注意しながら再チャレンジ。
今回は見事に見た目もばっちりなヨーグルトになりました。

今度は保温して、ブランケットでぐるぐる巻きにして、一晩中置いておいた。やっぱり温度が下がりやすい分長時間保温してるといいみたい。


市販のヨーグルトって酸味がきつかったりするけど、自家製だとなかなかまろやかな酸味で私好み。これならジャムなしで食べれるので健康的♪



・・・すっかり料理ブログみたいになってしまってますが、

私、協力隊でモロッコで活動中です。ええ。
これも村の女性達に紹介するためにあくまでも練習で作ってますので、日記のカテゴリーもしっかり活動にしちゃえーーー。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-11 06:40 | 活動

ヨーグルトの作り方


3月3日(水) 耳の日


先月勉強したチーズ作りの復習に、今日はヨーグルト作りにチャレンジ。
うまくできたら、集落でワークショップをしたいので、私真剣です。

ついでに作り方も紹介します。


①用意するもの

c0209213_017581.jpg
・牛乳1L (高熱処理されてないもの)私はいつもの牛乳おじさんから。

・そしてヨーグルトを作るためにはヨーグルトの種が必要なので結局ヨーグルトを買いはめになる。でもこれをもってヨーグルトの大量生産で安く美味しくヨーグルトが食べれるなら安いもんだ。2DH・・・・。


②消毒
c0209213_0214964.jpg
ヨーグルトに余計な雑菌が入るとヨーグルト菌がうまく発酵しないため出来る限り全ての道具を煮沸消毒。牛乳を温めるポットや、ヨーグルトを入れる小瓶をぐつぐつ煮てみる。


③牛乳を温める
c0209213_024581.jpg
温度は45℃くらいまで。指を入れてちょっと熱いくらいがいいみたい。あんまり温めすぎるのはNG。


④③の牛乳を少量取り分けて、ヨーグルト 大さじ2とよく混ぜ合わせる。
よく混ざったら、③のポットに戻して更によく混ぜる。

⑤先ほど消毒した小瓶に入れて、40度ぐらいの温度を保ちながら5時間放置。
c0209213_0283852.jpgc0209213_0333951.jpg

私は大鍋にお湯をはり、蓋をして、さらにタオルやらブランケットやらでぐーーーるぐるぐる巻きにしてみました。これで保温完了。途中2回程お湯を足して、温度を保つように努力。
ただ温度計がないので、正確な温度が分からない。温度調節が一番大切な乳製品との戦いに勘と記憶だけが頼りなのは大いに不安。


⑥ある程度固まったかな??というところで冷蔵庫で冷やしてできあがり♪



・・・・だったのですが。


結果
c0209213_040456.jpg
ん~。
固まってはいるのですが、まだまだ水っぽ過ぎて、ヨーグルトとは言い難いものになってしまいました。ただ食べみたら、味はヨーグルトに近い。そして酸味も殆どなかったので見かけよりは美味しく食べれました、というより飲めました。

敗因はやっぱり発酵させる温度だと思われるので、今度は更に温度に気を使ってブランケットの数も増やして(笑)暖かく見守ってあげないといけませんね。ちなみに発酵させすぎると酸味が強くなるそうなので(それが怖くて早く冷蔵しすぎた?)、今回のヨーグルトももうちょっと長めに温めてたらもっと固まってたかもと思います。


ヨーグルトはちょっと残念な結果になったけど、まだあきらめない!

c0209213_047799.jpg
次は、偽ヨーグルトを「さらし」で濾すようにつるし、水分を抜きます。下に落ちるのは乳清(ホエ―)で栄養満点なので後で再利用するためにしっかり保管。


2時間後には・・・

ヨーグルトチーズの出来上がり~~★
c0209213_0491996.jpg
こちらは水分もきちんと抜けて、しっかりしたいい感じの結果になりました。

今朝、はちみつをかけて、パンと一緒に食べたら、、、美味!!!

超おいしい~さっぱりチーズこってりヨーグルトの間の子




これでヨーグルトも大量生産かいがあったってもんだ。


その後は、勢いに乗ってリコッタチーズもつくったので、また今度紹介します。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-06 01:07 | 活動

カギ編み流行中


2月の活動。


もう3月ですね。
モロッコに来てもうマル5カ月。月日は早い。

2月はアソシエーション4つを周りました。

そのうちITRANハナボウ集落ではカギ編みが中心です。

最初教えられることがなくて、手芸と言ったらカギ編みが好きだったので始めました。何個かサンプルも作りながら、モロッコ人にうけるものを!と。


今のところ大ウケのルームシューズ。右は子供用。
c0209213_7203426.jpgc0209213_7205491.jpg

最初は甲の部分と底の部分を別々に作ってから、横で縫い合わせていましたが、教え始めると甲と底のサイズ合わせが難しくて、縫い合わせるときに無理やりに。何度か試し、上から一気に底へ減らし目をしながらいくとサイズ調整が楽な事を発見。しかも端処理の手間も減りスッキリなルームシューズに。このやり方でやり始めたらなんとか形のいいルームシューズを作れる人が出てきた。ただ減らし目というのが理解できない人が多く、そこが苦戦中(>_<)。

もう一点。
c0209213_7291244.jpg
モロッコと言えば、アチャイ。
アチャイっと言えばティーポット。
ティーポットと言えばジャジャ(アラビア語でニワトリ)。

たまに見かけるティーポットに付けるジャジャの鍋つかみを作ってみました。
下にひく、おそろいの鍋敷きも現在作成中。



こんな感じで、結構毎日カギ編みしています。

1月位からカギ編みやり始めたハナボウは(もともとカギ編み出来る人もいたせいか)
最近は編み図を読めるようになって、編み図だけ提供すればほとんど自分達で作ってしまいます。それがどうした??って思う人もいるかもしれませんが、モロッコ人は地図を読めない人も多いのです。モロッコでは日常的に本を読む、図を読むなんて事を殆どしない。だから本に書いてあることを、頭で理解して、それを現実の世界で形にするという事がとても難しい(特に教育がない人)。だから私はハナボウの何人かでも、カギ編みの記号を覚えて、その記号を並んでるのを見て、考えて、次のステップを実行するってだけでもすごいことだなと思うのです。

って感じで、少しでも自分の活動の意味を見出したいとポジティブに考えてみたり。

私の周りではカギ編みが好きな人が多いみたいなので、新しいこと始めてもカギ編みは続けていきたいなと思う。その為には自分のスキルアップも求められるのですが・・・。


ちなみにモロッコには手芸本なんてないので、
時間があれば、手芸の大好きなモロッコ女性の為に手芸本・アイディアをまとめて作ってあげたいなとおもう今日この頃です。その為にはアラビア訳をしてくれる人が必要だなー。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-04 07:49 | 活動

ツマルコーヒー

2月5日(金)

昨日はハナボウ集落にお泊まりしました。
というのも、次の日にツマルコーヒーの作り方を教えてもらうため。

「ツマル」はアラビア語でナツメヤシの事。
エルフード近辺はナツメヤシの産地で超有名。日本の皆さん食べた事ありますか??

ナツメヤシの実を日干しして干柿みたいにして食べるんだけど、
とっても甘くて濃厚な味。干柿みたいな味らしい。私は干柿嫌いだから味知らない。
ナツメヤシまずくはないけど、色と光沢が私の嫌いな虫に似てるので好物にはなりえない。


それはさておき、ツマルを食べると種が残る。
その種をさらに干して炒ってツマルコーヒーにするのがここらへん集落の知恵らしい。
c0209213_844137.jpg
私の少し前に配属されていた村落隊員はこのコーヒーに目をつけて大きなプロジェクトにまで発展させたから、最近ではエルフードでも有名なこのコーヒー。



ハナボウのお母さん方は作り方知ってるらしいので教えもらいました。

c0209213_8461077.jpg
まずは種を洗って、フライパンで炒る。黒くなるまで炒る。
絶対熱いのに素手を全面的に信じるモロッコ人。


種を粉にするときは、村アイテム! ジャーーーン。 
c0209213_8464239.jpg
い・し・う・す!
なんか田舎って感じがしていいね~。
c0209213_847389.jpg

それをゴリゴリゴリゴリ
(意外にスムーズな動き)。
私も手伝って高速回転。
黒い粉が出てきて、何ともコーヒーっぽい香りが。



実際はショウガやシナモンなどと合わせて飲むので、味はコーヒーと言うよりもスパイスティーが近いかも。
でも捨てるはずの種をさらに再利用する知恵は感心ものです。

今後このツマルコーヒーを使って何かできないか模索中です。


この日はうれしいことが1つ。

ハディジャの家は毎週木曜日にお邪魔してる。
毎回ご飯をごちそうしてくれる。泊るといえば嬉しそうに泊めてくれる。
この家は本当にいい家庭で感謝感謝で、この日も何かの拍子で「ありがとう」と言った。
そしたら、お母さんが「あなた達は神の恵みだから」と言っていた。アラビア語で100%分からなかったけど、ジェスチャー的にそういう意味だった。

ツマルコーヒーも簡単な工程だけど、炒ったり、砕いたりで結構疲れる作業。
それを嫌がらずやってくれるハディジャ(会長じゃない方)。これも「ありがとう」と言ったら、「いつもアソシエーションで手芸を教えてくれてありがとう」と言ってくれた。しかも自分が習っているわけでもなく、自分の子供が習ってるわけでもないのだけど、そういう私達の行動を感謝してくれている村人が居た。

自分が何の役にも立ってないと思う日々だから、こういう言葉は心にしみる。そしてもっとこの人たちのためになることをしたいと思わされる。私はまだ村で活動し始めて日も浅いしアラビア語もまだまだで、出来ない事の方が多いけど、そういうのも乗り越えて色んなものをお返ししたいとモチベーションも上がった日でした。


だからハナボウのおじさんに風邪をうつされたのは許してあげるよ。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-02-05 08:32 | 活動

ハナボウの活動

2月4日(木)

エルフードからプチバスに乗って15分。
毎週木曜日に通っているハナボウ集落があり、村のアソシエーションで手芸教室をしたりしてる。

だいたいリッサニのKさんと12時前後にバス乗り場に集合して、村に向かう。

村の入口らへんに会長ハディジャのお兄さんの家があるので毎週そこでお昼をごちそうになる。
c0209213_8211365.jpg
今日はソラマメをこして作る「ビサラ」
「ビサラ」にドバーーーっとオリーブオイルを垂らして自家製パンでいただくのがモロッコ人の大好物。

初めての黄色い食べ物に一瞬ひるんだものの味は美味でした。パンもおいし。


ご飯食べ終わると、アチャイで一息入れ、大体3時くらいになっているので(村の昼食は遅い)活動先のアソシエーションでへ。
c0209213_8222985.jpg
最近はカギ編みが中心です。というか私今それしか教えられなーい。
町の女性と比べると器用な子が多い。リッサニのKさん(写真右)も交じって作業。

3時から5時半くらいまで活動して、こうして一日が終わります。



ここの会長ハディジャが最近妙にやる気を出している。
最近クスクスを作って売る!と意気込んでいたけど、先々週村へ行ったら大きなクスクスを作るのであろう機械とか袋とか、クスクス道具が大量に揃ってた。どっから持ってきたかわからないけど、すごいぞハディジャ。

そして先週行ったら、アソシエーションでを引っ越すといい新しい物件まで発見済み。
来週までには床にコンクリートしいて、綺麗に掃除して、机とか運んで移るから!と言ってたけど、モロッコ人がそこまで速く仕事をするのを見たことがないのでインシャッラー。

そしてその新しい建物(大きい)でクラスを分けたり、クスクス作ったり、ウサギを飼ったりとハディジャの中で色々な構想を練っているみたいだ。


なんだかやる気なので、私も一緒にお手伝いできたらなーと入るすきを窺う私。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-02-04 08:18 | 活動