カテゴリ:活動( 24 )

日本語スピーチコンテスト


4月23日(土)

ラバトにて、第12回日本語スピーチコンテストがありました。

去年と同じく、こちらの会場で活動先の手工芸品販売とソーラン節踊ってきました。


今年のテーマは日本での地震もあったので、モロッコ人のための大会でしたが、日本を好きなモロッコの日本語学習者が日本を応援するテーマで色々応援メッセージを送ってくれました。

c0209213_10451078.jpgc0209213_10454178.jpg


そしてスピーチでも震災のことにふれている学生もいました。
c0209213_1047426.jpg


エルラシディアから参加のRimちゃんは同期マイマイの当初からの生徒でラシディアでも何度かあっている女の子。たった1年ちょっとで日本語とてもうまくなりました。手工芸販売もあったので、私はこの子のスピーチしか聞くことが出来なかったけど、とっても思いがこめられたいいスピーチだったと思います。結果は4位。競合ぞろいの出場者の中で頑張ったと思います。


私は会場の外で手工芸品販売と受付。

リッサニのマリアムと
c0209213_10495883.jpg


ついでに受付。受付では皆で作ったチャリティーグッツを売りました。
c0209213_10504716.jpg


やっぱりお土産品的な商品は日本人にしか売れなかったけど、最近作ってるフェルトボールをゴムにくっつけたボンボンゴムが結構売れました。ラバトのモロッコ人の女の子が結構買っていってくれて合計で70個ぐらい売れたのかな??周りの隊員にもちょこちょこ売ったので、その日はボンボンをつけた女の子が一気に増えて楽しかったです。えへ。


そして、スピコンのラストはソーラン節。
去年踊った人は殆ど卒業してしまっていたので、私が隊長をさせていただきました。
でもみんな活動があるので、殆ど個人練習。全員集まって練習できたのは当日の朝だけでした。

リハーサル風景
c0209213_10562389.jpg


始める前はうまくまとまるか不安だったけど、当日合わせたら皆完璧ー。
特に南部パートの私たちの動きのキレは歴代1位ではないでしょうか?(いいすぎ?)

本番踊っているときは観客の学生も一緒に踊ってる人も見えて、なんだかすっごい楽しかったです。

最後の決めもかっこよく決まり、最後は大スターのような歓声を浴びて気分良かったです。
c0209213_10595214.jpg


人生初の胴あげもいただきましたー。

ふともも痙攣するまで頑張ったかいがありました=。

また機会があったらこのメンバーでソーラン節踊りたい!!!



さーて次はメクネスの農業祭だー。
ここ3週間は怒涛のような忙しさです。


癒しのために華ちゃんJrsショット。ノス(上)とブグリ(下)。
c0209213_1185370.jpg


3週間たちました。あと少しでちゃんと歩けるかなー。あー、かわいい♪
[PR]

by sweet_fish421 | 2011-05-03 11:11 | 活動

がんばれ日本



来週末は毎年恒例の日本語スピーチコンテストが行われます。


モロッコには日本語学習者が多いので、その頂点?を決める結構レベル高いイベント。

毎年あります。

今年もやります。第12回だそうです。4月23日(土)。


ただ今年は日本での震災があったことで、テーマを少し変更。

日本への応援メッセージもこめて進めていこうじゃないかという話になりました。


今回のスピコンのロゴ。 かっこいいですね。
c0209213_8445250.jpg




そして、手工芸品も販売するので、手工芸チームではチャリティーグッツを作ります。


日本とモロッコの国旗をモチーフにして、鎖で手をつないでる感じで!

c0209213_8452759.jpgc0209213_8454869.jpg



こんな可愛いキーホルダー?のデザインはグルミマの手工芸隊員Aが考えてくれました。
チャリティーグッツの売上げの一部を義援金として日本に送金したいと思います。
たいした額にはならないと思うけど気持ちが大事です。


これだったら、余っても日本の被災地に送ってもいいかもと思案中。
日本の皆様、いかがでしょうか?


リッサニのウーラドヨセフ集落で大量生産中。
[PR]

by sweet_fish421 | 2011-04-12 08:47 | 活動

お土産屋へ営業


昨日のOuladYousef集落の活動の続き。


クスクスよりも以前から作っている刺繍商品。

最近こんなのを仕上げています。

c0209213_8101433.jpgc0209213_820763.jpg

モロッコ刺繍をあしらった薄手のスカーフなんですが、
モロッコ来てから大好きになったモロッコの刺繍。
キレイなモザイク模様なんですが、実は裏表がなくて、両面きれいに仕上がる刺繍なんです。

だからその両面刺繍を生かせる薄手のスカーフが欲しいなぁと前々から思ってたんです。

生地もいい感じの色がチョコチョコ見つかって、こんな感じのが出来上がりました。
c0209213_8205539.jpg

キレイでしょ?


で、今回リッサニのお土産屋に営業しにいってきました。
実は前々から知り合いのお土産屋があり、アソシエーションの活動も理解してくれているオーナーも何人かいて、商品が出来たらもってこいと言ってくれてたところ。

そしたらスカーフ10枚注文いただけました!
白い生地のなら買うとの事で、わーい。嬉しい注文。

あと、こんなのも作れますてきな写真も紹介して、興味を持っていただけたので又出来上がった昇進を持っていくときにプレゼンしたいと思います。

こういう地元の販路を大事に大事にして、細く長くの活動を目指したいね。
とりあえず、当面の販路と仕事ができた。ちょっと安心。

がんばれー、OuladYoussefの刺繍隊。
[PR]

by sweet_fish421 | 2011-01-20 08:23 | 活動

クスクス

クスクスの日


最近やる気満々のOulad Youssefの女性たち。
モロッコのアソシエーションの活動では定番だが、クスクスを作りたいとの事だったので女性たちの意見を優先してクスクス作ることにしました。

モロッコのアソシエーションといえば、識字教室、幼児クラス。
そして女性手作りのクスクスはよくあることで、テレビでもよく紹介されてる。

なので安易なプロジェクトな感じがして、特に興味もなかったけど、
マリアムがアソシエーションのクスクスを買ってくれる店が3つくらい見つかった!
と一人でに販路を見つけてくれた。すごーい。作ったら売れるんならやりましょうー。


先週。

クスクス作りスタート。
今回は若い女の子じゃなくて、おばちゃんたち中心に活動。
c0209213_7453528.jpg


なんかクスクス作れます!ってやる気満々のおばちゃんたちが来た。

今回は私は教えてもらう側。

小麦粉をふるって、少しずつ水やら塩を足して、だまにして・・・・。

c0209213_7464996.jpgc0209213_747846.jpg

こんな感じ?

材料や作業自体は単純なものだったけど、だまを均一の大きさにするために、
何度も何度も目の粗さが違うざるで振るって、コロコロしての繰り返し。
私も指示に従ってコロコロコロコロ。

c0209213_7405583.jpg最終的にこんな感じのツブツブができます。



c0209213_7534580.jpg一度、クスクシヤー(クスクス用の蒸鍋)で蒸らして
もう一度ザルで振るって

c0209213_7473718.jpg
1~2日乾燥させると、
世界最小の極粒パスタのできあがり。



私も初めてのクスクス作り。
実は村の女の子たち、若いお母さん達も知らない人が多かった。
なので、熟練おばちゃん達の指示に従って、若い世代も一緒になってクスクスつくり。

伝統的な刺繍や生活習慣もそうだけど、今の世代の女の子は知らないことも多い。
どこの国でもそうだけど、便利になっていく時代の中で、伝統を受け継いでゆくのは難しいこと。小さなことだけど、今ではそこらじゅうの店で安く買えるクスクスを村のおばちゃんが若い女の子に教えていく。そういう光景がとっても微笑ましく見えました。


来週は作ったクスクスみんなで試食会★
楽しみ楽しみ♪


********************************************************


今週


今日はクスクス試食会。
なので、いつもより1時間早く村に行き準備。
っといっても、早く来てたのは2,3人だけで後の人はいつもどおりやってきたけど。

先週終わらなかったクスクス作りも再開。
熟練のおばちゃんたちが無言でやってきて、手際よく始める。
なんかかっこいい。


クスクス自体を作るのも結構面倒くさい作業だったけど、
クスクスを料理するのも大変なのです。

クスクスを適量の水で湿らせて(オリーブオイルも少量混ぜ込む)
再度登場のクスクシヤーで30分蒸らす。

更に桶に移して水とオリーブオイルを混ぜ込んで、また30分蒸す。

って作業を3回してやっといい感じにクスクスがやわらかく煮える。

なんだかんだ、3時間~4時間かかるクスクス料理。

手間かかってますね。

マリアムありがとう。

c0209213_7392877.jpgc0209213_7394747.jpg


活動が終わるころ、クスクスも出来上がり、みんなでクスクス試食会。
なんだか出来る過程から全部見てきたクスクスは特別な味がしました。

そして皆が食べてる後ろで、更に無言で作業をせっせと続けるおばちゃんたち。
超ストイックに働いてました。おばちゃんたち本当にありがとう。
クスクス売れるといいね。

このクスクスが全部売れて第2弾、3弾と続くことを願うばかりー。


来週は袋詰めして、営業にでかけます。
[PR]

by sweet_fish421 | 2011-01-19 09:12 | 活動

この2ヶ月間


もうお正月休みも終わりですか??


モロッコでは西暦の新年はあまり重要でないので、
殆どお正月ムードなどなかったのですが、

エルフードで、同任地隊員の家で、女の子だけで、ささやかなお正月の夜。
幼児教育隊員のYちゃんが、謹賀新年写真どうしても撮りたい!!というので、

パシャリ。
c0209213_720643.jpg

あ・・・・謹賀新年の「謹」の字ちょっと間違えてますが(てへっ)かわいいアイディア♪♪



さてさて、中間報告から途絶えてた私のブログ、
中には私に何かあったんじゃないか?!と心配してくれていた人もいるみたいですが、
ただの不精です。さぼりです。。


そして、無計画に10月に始めた枝豆栽培も、日の目を見ることなく、かれてしまいました・・・・。チーン
ごめんね、あつお。
私には植物を育てる才能がありません。
サボテンなら・・・。



さてさて、この2ヶ月間何をしていたか!?というと、


10月はちょっと中だるみというか、なんだか中間報告終わった反動で、すごく活動に対して消極的になってしました。あと1年という気持ちが焦りに変わりつつ、1年前と自分と自分の活動と何が変わったのだろうか?とか考えてたら、とりあえずやりたい事が分からないくなり、ちょっと活動も楽しくなかったんですよ。なので、10月はただただ時間を消費してしまって、、、もったいなかった。


でも11月にはモロッコの最大のお祭り、犠牲祭!がきた。
c0209213_8103455.jpgc0209213_8153721.jpg


今回はリッサニのお宅に参加させてもらい、ヘナ(写真下)もしてもらいました。手も足も。
ヘナという草木染。お祝いごとがあると女性がやるタトゥーみたいなもの。

犠牲祭といえば羊の肉。
3日3晩、肉を食べまくり、モロッコ人の家庭に寝泊りを繰り返し、どっぷりつかったモロッコ生活。常に食べてるのでお腹はパンパンで辛かったけど、モロッコ家庭の温かさに触れてやっぱり自分モロッコ好きだな、とモロッコ愛を再確認。なんだか元気が出た。
そして、モロッコの好きな人たちのために、私も何か返したいと気持ちが盛り上がりました。


そして、犠牲祭の直後から2週間程、両親と叔父さん夫婦が来モしました!

最初の1週間は両親とスペインへ。
c0209213_7353087.jpg

去年8月にもスペイン旅行したので2回目ですが、前回は体調が悪かったのであんまりいい思い出なかったですが、今回は体調バッチリ★2回目の余裕もあり、かなーーーーり楽しめました。スペインいいです。オフシーズン、おすすめです。

スペインからジブラルタ海峡を渡りモロッコIN。
c0209213_7433122.jpg

叔父さん夫婦と合流。
今度は5人で、プチ豪華なモロッコのいいとこどりの旅。
c0209213_80762.jpg

ちょっと天候が崩れたりしたけど、我ながらナイスなガイドぶり。
エルフードでの時間が殆ど取れなくて、お世話になってる家族のほんの一部しか両親を紹介できなかったのが残念でしたが、お父さん達は感動していたので良かったと思います。
一番楽しかったのは砂漠だそうです。



そして12月、気合入れなおして活動再開。

活動先1つ増やしました。
ハナボウ集落の隣にある、クレール集落。
ここもハナボウのアソシエーションの会長が見てほしいというので、週1で通うことに。
詳しいことは又今度。


エルフードのアソシエーション、ITRANでは運動始めました。
モロッコには肥満気味のおばちゃんがたくさん。
看護師さんいわく、特に町の女性達は昔より仕事量も減って、生活も少しずつ便利になって
生活習慣病が増えるだろうなとの意見だったので、少しでも体が動かせるように、エクササイズの日を設定。今のところ週2だけで、まだまだ女性が恥ずかしがってグダグダな感じだけど、目標はダイエット部設立。これに便乗して私も運動不足解消しなくっちゃ(笑)


あとは、まぁ、ちょこちょこ新しい活動はじめようかなと始動してるので
近いうちにほかも報告できればと思ってます。



あと9ヶ月ちょっとしかない隊員生活。
ラストスパートかけるのはまだ早いけど、助走はかけときます。
[PR]

by sweet_fish421 | 2011-01-05 08:16 | 活動

報告会を終えて


先週の木曜日でのラバトでの報告会(JICA事務所とモロッコの省庁での)
そして本日エルラシディアの教育省(支局)での報告会、全部無事終了しましたーー。

終わった終わったー。

フランス語での発表はかなり棒読みでしたが・・・、
まぁ、気持ちがこもってればいいのです。


とにかくこれで一旦1年間の締めくくりが出来た感じがします。



報告会での原稿を簡単にブログに載せてみます。

(※注)途中モロッコでしか使われない様な内輪な用語とかあります。
    気になる方はキーワード単語の意味をまとめた「キーワード」の記事をご参照ください。

*********************************************

中間報告

21年度2次隊
村落開発普及員
エルフード配属


1)任地・生活環境について – エルフード

c0209213_9563321.jpgエルラシディアより更にグランタクシーで1時間土漠の先に突然オアシスがあらわれる。ここら辺はZiz川に沿ってナツメヤシ畑が広がる。

ちょうどナツメヤシ収穫まっさかりでおいしい新鮮なナツメヤシが食べられます。特にエルフードはナツメヤシの名産地としてモロッコで知られ、ラバトからわざわざナツメヤシを買いに来る人も。



c0209213_856121.jpgメルズーガの砂丘まで1時間半。旅行シーズンには砂漠ツアーに来る観光客でにぎわいます。なので町には結構きれいなホテルやレストランも並び、田舎といってもちょっと垢抜けている部分も。



c0209213_8571270.jpg貧富格差。エルフードからラバトのような都市に上がってくると格差を感じる。ラシディアの地域は保守的な考え方の人も多いし、失業率も高い。地元には仕事が少ないので都会に出稼ぎに出ている人も多い。 
町の中にも格差がある。
町の周りにはいくつものクサルがあるが、井戸水で、土壁で、家畜が隣に住んでる生活が基本。すぐ1キロ先に町の生活とぜんぜん違うのに驚かされる。


2)活動先について
配属先:エルラシディア県 教育省(community service 課の様な部署)
活動先:エルフード周辺のアソシエーション
要請内容:各アソシエーションの活性化、手工芸指導、その他アクティビティの提供。現金収入創出活動。


3)活動内容

2年間の活動に対して大きく2つ目標をたてた。
 
目標① 地域住民の生活改善・生活についての情報提供・・・
基本的な生活が出来ていても長い目で見て生活を改善すべき点が沢山ある。
井戸水をそのまま飲む、石鹸を使わない、歯磨きしない、病気をしていても無理をする、肥満、糖尿病など
先進国では当たり前な公衆衛生や健康問題について考えてほしい
古着の再利用の仕方、ゴミの再利用など方法を紹介 → 環境への配慮
生活を良くするのは現金収入だけがすべてじゃない。お金をかけなくても生活を改善することは可能。

目標② 現金収入創出活動→女性の自立・・・
周りも求めていた活動。
女性は家にずっといることが多い。家事をして、合間に休んだり、近所の家にお茶をしたりと、とても単調な生活。その家に開いてる時間を利用して、生産的な仕事があれば良い → 手工芸品を作って売ろう!という発想。


現金収入を軌道に乗せるのは難しいけど、
それよりも大切なのは、この活動をする過程によって女性達が成長すること。
目標を持つこと、ものを売るためには仕事を丁寧にしなければならない、材料を買うにも・販売するにも村の外にも足を運ばなければいけないということを経験して知って欲しい
今まで考える必要のなかったことを考え経験する。彼女たちの生活になんからの影響が与えらる事を願い設定。



現在3アソシエーションで活動中

ITRAN(エルフード) → 手芸教室(古着利用・カギ編み)、健康のためのエクササイズ

c0209213_992375.jpg識字教室での様子。(注)女性は写真嫌がる人もいるので正面からの写真は撮れず・・・。


・ハナボウ集落(エルフードより10㌔ほど) → 
手芸教室、チーズ作り、染物など。クスクスプロジェクト、ツマルコーヒー。

c0209213_9112921.jpg
村の手作りクスクスはおいしいので町の人から人気♪


c0209213_9123789.jpg
チーズ作りの過程。下のほうに白く固まってるのが凝固した乳脂肪??みたいです。味はクリームチーズとヨーグルトの間みたいな味でモロッコの人もおいしいと言ってくれました。



・ウーラドヨセフ集落(リッサニという町の近く)
チーズ作り、手工芸(商品作り)、フェルト作りなど
c0209213_9574810.jpgc0209213_958910.jpg

 

  
4)活動成果

・講習会の開催。新しい活動を提供をすることで新しくアソシエーションに来る人が増えた。アソシエーションの活性化。

c0209213_9594145.jpg・販売会・祭りへ積極的に参加。→日本語スピーチコンテスト、エルラシディアでの夏祭り(写真右)。
商品を売るため、販売経験を増やすために大切な経験。

上記販売会にはJICA関係のアソシエーションを集めて合同で参加。他のアソシエーションの活動を見て刺激がそれぞれの参加女性も学ぶものがあったと思う。

ラシディア祭りにはメクネス周辺村の女性、アメルズガン村の女性がリッサニの女性と仲良くなり、祭りの後に皆でリッサニに行き、お土産に売りこみに行ってたりした。5人くらいでお泊りして、砂漠に遊びに行ってと楽しそうにしていて、こういう女性達の交流の輪が広がっていくのはとても良いことだと。


・商品作りへの意欲が出てきた。
商品を売って実際にお金が入ってくると意欲があがる。
ハナボウの会長は村の女性にクスクスを作ってもらい売りはじめた。
ウーラドヨセフ集落はガッスールを作って売ろうと加工を始めた。他のアソシエーションの活動を見て自分達もクスクスの作り方を知っているからやりたいと主張し始めた ⇒女性達が自分達のやりたいこと、できることを声に出し始めた。

c0209213_1022556.jpg
※ガッスールとはモロッコのアトラス山脈の麓から採掘される上質粘土(クレイ)のこと。ガッスールはアラビア語で「洗う、きれいにする」という意味。ミネラル豊富で、たんぱく質や有機物を吸着する「吸着力」と「洗浄力」に優れているので肌の余分な皮脂や汚れを取り除き奥の汚れもきれいに洗ってくれる。昔からモロッコの女性に愛され使われている天然素材。

ただそれだけだとゴミとか雑じってたりするので、アソシエーションでは出来るだけゴミを取り除いて、肌に良いハーブ類・花などを加えて更に使いやすく改良してみました。(中間報告では説明不足だったのでここで詳しく紹介)最近日本でも流行ってますよ!私の大好き商品です。



・手芸に関しての意識向上
雑な仕事のものほど売れない。値段が高すぎると売れないなどの認識が生まれる。
女性同士でお互いに注意しあう気風も。


★女性達は家の外、村の外、生活圏外の世界をほとんど知らない人が多い。だから口で色々伝えようとしてもぴんと来ない。自分たちで経験し肌で感じとる事が大切だと感じる。活動の成果として結果として現れないことも多いと思うし、私に言われてとりあえずやっている事もあると思う。だけどそれが彼女たちの成長のちょっとしたキッカケニなればいい。少しずつでも女性達が何かを経験しそこから自分で学び取ることができるなら、私の活動の意義はそこにあると思う。



5)課題

・人材不足 → 技術がある人がいても、アソシエーションにいけない状態(家庭の事情、他の仕事など)の人が多い。また、私が行かないと何も動かない場合が多い。だけど巡回型なので私の変わりにリーダーシップを取ってくれる人が必要。わたしが居なくなった後の活動のためにも。いい人材がいても結婚とかで嫁ぐのを待つ身の人が多い・・・。

・販路 → 販売会・祭りというイベントがないとアソシエーションの商品を売れない。定期的に商品を売れる販路が必要。

・主体性 → ボランティア頼みの受身な部分が多い。
材料調達、商品の販売、お金の管理などは結構ボランティア任せ。
色々聞いても「あなたの好きなように決めて」といわれることが多い。
だけど、それじゃ彼女たちが考えないので、とりあえず彼女たちの意見を聞いて妥当ならそのまま結果を見てみるし、後から私の意見を伝えたりしている。自分たちで考えて行動するという主体性が求められる。(でも最近は意見も出てきたし、これは長期的な目標と希望)


6)今後の活動計画
・引き続き女性の興味のある分野の講習会実施 → 
健康についての勉強会
家庭栽培(肥料の作り方)
栄養教室などなど
単発でも良いので自分の知識がある限り、調べられる限りの情報を提供したい。


・販路開拓、イベントへの参加 → 
販路を増やす。観光地という特性を生かして、お土産屋と仲良くなる。
各アソシエーションとの連携。アソシエーション同士での交流の機会を増やす。
共同の販売所。


・活動先拡大 → 
巡回先を増やす。エルフード周辺のクサルには沢山アソシエーションがある。必要とされるのであれば関わりたい。
講習会なら単発で終われるものもある。
自分活動をより多くの人に知ってもらう。→コネは大事。
意欲のあるアソシエーションを探し、手伝いたい。


********************************************


っといった内容でした。

でも考えてみるともっともっとやりたい事はあるし、
当初やりたいと思ったことの半分も出来てないと思わされる。

なんだか、言葉が通じないだとか、活動先の人たちのやる気がないだとか、町に住んでると村の人との関係が作りにくいだとか、1年目だからとか、なんだとかかんだとか、色々いろいろイロイロ理由をつけて、結局自分に甘かったなと思う。

他の同期の報告を聞いても皆それぞれがんばって活動してる。
私は1年間これ以上ないほど努力した!と言い切れない。。。
本当は周りの協力をうまく得られないとか、活動先の会長がやる気がないとか、情報がないとか、自分が投げかけたい問題は山ほどあるけど、それを文句言えるほど相手にぶつかってないなーとも思う。なんかやる前から噂を聞いてあきらめているというか。

モロッコの人に受け入れら得るかどうか、ビクビクしながら活動している面もある。


2年後、自分の出来る限りがんばって活動した!!と胸の張れる自分でいたいと思いした。


同期のMちゃんが言っていた。
「わたしの活動は1年目は準備期間。2年目からが本当の活動だと思っている。」

わたしもそう思う。
あと1年。まだ1年。もう1年。

色んな気持ちが交差するけど
とにかくこれからだ!

この1年、後悔しない1年にしたいと強く願います。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-10-21 09:07 | 活動

中間報告会


もうモロッコに着てから1年経ちましたーー。

早いものです、私にとっては。


モロッコの隊員は1年経ったらと2年の終わりに
JICA事務所とモロッコの担当省庁で報告します。

今までこんな事してきたよと経過報告をするわけなんですよ。


まだまだ先だと思ってたらあっという間に1年が過ぎ

今週の木曜日にラバトの省庁とJICA事務所で発表です。

まぁ、それぞれ15分程度の発表なので、

冷静に考えればたいしたことないんですけど、、、、


フランス語が不安でなりません。

全然使わないし、上達しないフランス語でどうやって自分の活動を報告できるか分かりません。
原稿ガン見のつまらない報告会はしたくないなぁと思うのですが。


・・・・きっとそうなります。



まぁ、せめて言ってることが伝わるように発音だけは気をつけて、
プチ練習もしておこうとは思いますがーー。



そうそう、ナツメヤシをお土産にラバトに持っていきたい!と言ったら
大家さんがが4キロほどくれました。

エルフードのナツメヤシご希望の方、ご一報を。

c0209213_9164538.jpg

[PR]

by sweet_fish421 | 2010-10-13 09:16 | 活動

リッサニ同盟


6月21日(月)

ラシディア祭りが終わり、日曜日はグテーーーーッと一日中ベットと華ちゃんと仲良し。

洗濯物すげーー。

砂埃すげーー。

華ちゃんのウンチすげーー。


そんな最低な環境の家でもリラックス、爆睡出来るようになった私。

成長したもんだ。



そして今日はリッサニDAY。

ラシディア祭りの疲れが残ってて超自分を奮い立たせてマリアムの家に向ったら、

なんと、アメルズガン村の2人組み、カルメット村(メクネス方面)の2人組みがマリアムの家でくつろぎまくってたーー。もうパジャマ姿でお昼寝中ー。仲良くなったのねー。

この5日間の祭りで仲良くなったらしく、お土産屋が沢山あるリッサニに売り込みにきたみたい。

それにしても1日だけーと言ってリッサニにいたはずだけど、すでに2日目。

明日はメルズーガに行くんだ♪ とるんるんのおばちゃんはもう完全に観光気分でした。


でもメクネス、ワルザザット、ラシディアとお互い500キロほど離れたところに住んでる女性達が祭りで知り合い、仲良くなって、自分達で情報を交換して、自分達で商品を売り込みに行って。ちょっと3,4ヶ月前までは100キロ以上離れた町にも行ったことがない女性達。ボランティアが一緒に行かないと不安でしょうがなかった人たち。そういう人たちが他の地域の女性に触発されたり、人脈を増やしていったりして、大きな成長を感じました。

まだ私の活動先の女性達は村から出ることも難しい状態だけど、いつかこういう風に自分達で外に出て楽しめる人たちになって欲しいなと心にも気合が入った一日。

リッサニでの商業も少しは成果があったみたいだし、やっぱ自分達で売込みって大切だよね。



ちなみに、販売会でのウーラドヨセフの売上げはあんまり思わしくなく、ちょっと値段設定が高かったみんなで気付きました。みんなも安くても売れなきゃ働けない!と言うことで、ただいま値下げキャンペーン中。なんかいい商品案ないかなーー。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-06-23 05:50 | 活動

ラシディア祭り


6月15日~19日

ラシディア県で一番大きいであろう夏祭りがありました。

5日間に渡っての販売会と音楽祭。

アソシエーションを集めて、販売も出来るということでJICAの名前でブースを一個予約し、そのブースにボランティアが活動するアソシエーションを入れるという計画。

大きいお祭りとは言っても、ここはモロッコ。
事前に何か分かるはずもなく、ほぼ当日になって詳細分かる的な行き当たりばったりな計画でした。前日・当日に参加アソシエーションが変わったり、ブースでの縄張り争い・・・、明らかなテーブル不足などなど、色々ありましたが、ラシディアに住む隊員さんたちも手伝ってもらい何とか無事に終了しました。

JICAブース(垂れ幕があってなんかかっこよく決まった!)
c0209213_7151877.jpg


Hannabou集落のクスクス。
c0209213_7414425.jpg

Hannabouのテントはアメルズガン村(絨毯)と半分こ
c0209213_7421893.jpg


リッサニのウーラドヨセフ集落 と メクネスKちゃん村からも女性が参加してくれました!
c0209213_752641.jpgc0209213_7484625.jpg



5日間の販売。音楽はあるものの、ただ座ってるだけではつまらないし、せっかくのJICAブースなのでJICAの活動をアピールするため

15日:看護師隊員による体重測定・身長測定・血圧測定
  自分の体を知らなさ過ぎるモロッコ人にアピール。大行列でテントが暑苦しかった。

16日:日本文化アピール。習字でモロッコ人の名前を漢字で書いてあげました。
c0209213_7292387.jpg ラシディア県派遣隊員はなんと2人も習字に長けてる隊員がいたので協力してもらいました。
私の名前も書いて欲しいほど綺麗な字でモロッコ人もうっとりー。



17日:本当は日本文化紹介第2弾で浴衣着付けコーナーを設ける予定でしたが、テントの小ささと、連日のあまりの人の多さに、今回は浴衣の展示と日本人が浴衣を着た!っていうコーナーに。まさに人寄せパンダのように写真を撮られまくられ、モロッコ人に沢山ほめられ、祭りの主役の気分になってみたり。ついでに日本は中国と違うんだ!アピールをして帰りました。

c0209213_7351957.jpg
18日、19日は特に何もしなかったけど、グルミマのアソシエーションも参加しハイテンションで気分を盛り上げておりました。


c0209213_734965.jpg
5日間に続くお祭りは、午後の4時から始まり深夜1時まで。音楽は夜3時以降まで鳴り響く超夜型お祭り(写真は午前2時ごろの広場の様子)。夜主体で体力的にも精神的にも結構疲れたお祭りでしたが、女性達はアソシエーションごとに仲良くなったり、自分達の商品の値段を見直したり、譲ることを覚えたり・・・?そんな収穫があった祭りだと信じてます。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-06-22 07:50 | 活動

行っちゃ駄目


今日はリッサニ、ウーラドヨセフ集落の日。

月曜日は私が来るから手芸の日。

女の子達が家でせっせと作った刺繍巾着を持ってきてくれます。



今度の6月中旬にエルラシディアで夏祭りがあるので、

その祭りで現金収入を得るべく、大忙し。

そして、ラシディア祭りはせっかく近場のお祭り。

ラバトやメクネスの販売会は交通費も高いし、誘いにくいけど、ラシディアなら車で1時間半なのでぜひ女性達にも参加をと思い呼びかけていました。でも、集落の女性は3キロ離れたリッサニにも殆ど行かない人たち。呼びかけた返事はかなり微妙。皆さん、両親に相談してみるとの事。

そして、結局行くことが決まったのはリッサニの女性マリアムと手先が器用なスアッドちゃん。
マリアムはラバトの日本語スピーチコンテストにも来てるのでぜんぜん問題ないですが、
それ以外はやっぱり難しいみたい。

今日ラシディア祭りすごく行きたがってる女の子家にお茶をしに行った。
ついでに、お母さんにラシディアに行ってもいいか頼んで欲しいと言われたので、
私の口から説明しみた。

とーーってもいいお母さんで、アソシエーションの活動にも好意的だけど、やっぱりお父さん(海外に出稼ぎに行ってる)が許さないのだそう。そんな市場みたいなところに娘を行かせられない!と。

そんな遠いところにいるのに、妻子の生活権利まで握ってるとは恐るべし!


ちらっとですが、女性が外に出る難しさを感じました。

まぁ、ちょっとずつ理解してもらえればいいのだけど。


それに、実はマリアム以外にもう一人来てくれるとなっただけでも嬉しい収穫。
当日本当にきてくれるかしらとドキドキ。


これから女性達にドンドン外に出てもらって、他のアソシエーションの女性とか見てもらって
色んな刺激を受けて欲しいなぁーと思うのでした。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-06-01 06:03 | 活動