カテゴリ:ラバト研修( 5 )

ラバト研修終了

11月2日


昨日でホームステイも終了し、

ラバトより500km南西に位置するエルラシディアに着きました。
今日は教育省に表敬訪問をし、明日の朝エルフードへ向かいます。


ラバト研修も9人無事に終える事ができました。

最初は戸惑うことも多かったホームステイだけど、結果的には私はすごく恵まれたラバト生活ができたなと感じています。

毎朝5時頃に鳴り響くお祈り合図にも気付かない程爆睡できるようになり、

家族は大家族、居間に座っていても隣に必ずニューキャラが現れます。
4日前ついに最高記録、14人がお茶してました。

新たに発見しましたが、

・この家にいた女性は実は3人姉妹(未婚)。
・お母さんは先立たれ、お父さんは3階に新しい奥さんと子供3人と住んでいた!
・屋上には40匹のハト。亀一匹。

なんて毎日新発見があって面白い生活だったような。

ちなみにこの姉妹達はかなりいい年ですが、なぜ結婚してないのかは怖くて結局聞けずじまい、ただ、3階に後妻家族が住むという不思議な共同生活には驚きました。


【ムリットが飼っているハト。年に3回くらい大会もあるらしい】
c0209213_1125784.jpg


【ハト散歩散飛中】
c0209213_1132982.jpg




アラビア語は相変わらず下手だけど、毎日帰ってきて習った言葉を使って話すと喜んでくれる家族がいたり、私を見るたびに食べ物を勧めてきたり、帰りが遅いと心配してくれたり、とても家族として受け入れられている感を感じさせてくれた家族でした。

ラバトはこれで最期じゃないし、ラバトに来る時はできるだけ自分の「家」へ帰れたらなと思います。



【日本料理ないし、アジアンフードをふるまってみました!】
c0209213_1151435.jpg


【屋上からの眺めは絶景!】
c0209213_116077.jpg




そして昨晩9時間かけてエルラシディアに到着。

実は今エルラシディアにはモロッコの王様、モハメド6世が訪問中なのです。


モロッコの王様と言えば、絶対的存在。
そんな王様が地方に来てくれるという事で、エルラシディアは大変盛り上がっている(そうです)。2週間前から王様を迎える色々な準備が始まり、王様が来た日には町を上げての大セレモニー。テレビでしか見られなかったけれど、田舎とは思えないほど多くの人と豪華な楽器隊とで大変な興奮ぶりでした。

街はちょっと警察と軍の車があちこちにいます。なんだかいつもより人も多いらしい。
全てのホテルは関係者滞在中で、部外者立ち入り禁止状態。役所も全く通常の機能はしてないそうです。隊員Mちゃんの仕事場には軍がキャンプを張っている状態。

王様の移動に何千人もの人が動かされていく世界。
モロッコの王様の存在の大きさを感じます。



あと何日かは王様滞在予定だそうで、しかもエルフード方面に向かうらしい?!
私も王様を一目見られるのを期待しつつ、エルフードへレッツラゴー♪
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-03 01:29 | ラバト研修

ハマーム

10月23日(金)

ハマムに初めて行きました♪♪

ハマムとは、大きな蒸し風呂でモロッコでは日本の銭湯的な場所でモロッコの人はハマムが大好きです。広いサウナなのだが暑さの違う部屋が3つあり、それぞれ好きな部屋で腰をかけ、バケツにお湯を汲み、体を洗って・・・・


Let’s 垢すりーーー!! 

みんな黙々と垢すり。垢すり。

ハマムによってはマッサージしつつ垢すりしてくれたり、垢すりおばさんがいたりといろいろらしいけど、今日は仲良くお互いの背中を垢すりし合いました。モロッコ人の女の子と同期3人で行ったけど、4人で背中の流し合い。裸の付き合いのみならず、垢まで擦り合っちゃって、お互いの距離もぐぐぐっと近くなる感じです。

本当気持よかったし、お肌つるつる~~。

ただ私たちはものの30分くらいでのぼせてしまい脱衣所に退散しましたが、一緒に行ったモロッコ人は一人でさらに40分くらい入ってました。長いこと長いこと。

うちのお母さんも週1回ペースでハマムに行きますが、お風呂はあまり入らない代わりに、ハマムで丁寧に垢を擦り、体を綺麗にしています。ハマムの中はすごい混みようで、赤ちゃんから老人まで沢山の人がハマムに集まってました。これもまたモロッコの日常の風景。裸であったか~~~いハマムの中でリラックス、友達・家族と一緒に背中を流す。良い文化じゃありませんか。


冬はシャワー浴びてられないくらい寒いので、ハマムに通ってみようかな。

ちなみに、ハマムで高い声を出して歌う女性たち。何かと思えば、結婚のための歌で、その女性は明日結婚式。そのために体を綺麗に洗って翌日にそなえているそうな。
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-10-26 00:20 | ラバト研修

ラバトの家族

10月23日

6日からホームステイが始まりました。今日で12日目。
1週間過ごしたけれども、慣れないモロッコ人の生活っぷりについてくのはちょっと疲れるというか、
「え~?」ってことも良くあるので毎日勉強です。

アラビア語研修も始まりホームステイも重なり少し疲れ気味のモロッコ3週目。


さて、ホームステイ先ですが

ラバトのウダイヤ。
c0209213_22381957.jpg



c0209213_22413010.jpg
メディナ(旧市街)から抜け出て、海沿いに建つ赤茶色いカスバ(城壁)に囲まれたちょっとラバトでも有名な名所。っといっても中は密度高めの住宅街なんだけど、なんともモロッコらしい家々が続く。家の壁は白と青で統一されていて、所狭しと家族が住んでいる。







家の入口
c0209213_22425019.jpg


ホームステイ先はEch-Chaih家(←読めない…)
ホストママはNezha。48歳(現在)。なんとアラビア語の先生でいらしゃっる。

すごく助かるのは、スウェーデンのから留学生、Linn. モロッコの語学学校に通いながらフランス語を勉強しているんだとか。彼女はフランス語もとてもうまいし、英語も流暢なのでたまに通訳してくれるし、家のことで理解できないことは彼女にまず聞けるので密かに私の心の拠り所。

c0209213_22442723.jpgNezhaのお父さん。こちらの2人はほとんどフランス語を解さないので、学校でならったアラビア語を精いっぱい使い会話しようとしてますが・・・今のところ「元気?」「お茶欲しい?」「もうお腹いっぱい」ぐらいしか言えてません(笑)

そして、多分Nezhaの妹と弟も住んでるんだけど、いまいち関係性が掴めない人達が住んでる。ちょっとフランス語で聞いてみたけどあんまり分からなかった…。

一般的にモロッコ人の家庭には祖父祖母、息子娘はもちろん叔父叔母とその子供たち等々、とにかく親族がごちゃごちゃしながら一緒の家に住んでる(らしい)。Nezhaのお姉さんもすぐそこに住んでるが毎日のようにNezhaの家で編み物やって泊って自分の家に帰ってる。昨日は見かけなかった人が(でも家族らしい)今日は隣で一緒にご飯を食べてる。ほんとに毎日色んな親族がふら~っとやってくるので、誰が誰とどういう血縁なのか理解するのは不可能に近い。


家自体は覚悟を決めて行った割にはなかなか綺麗な家でした。部屋はNezhaの部屋を私のため空けてくれたのでとても綺麗な部屋だし、トイレも臭いけど洋式。洗面台もあるし、ご飯も今のところ美味しい。しかも昨日はデザートまででた!甘かったけど。



意外だったのはお風呂がない。のはいいんだけど、シャワーもない。。。
代わりに洗い場みたいな所で体を洗う。Nezhaが大きなバケツにお湯を溜めて用意してくれるので、そのお湯を計量カップ的なものですくって体を流すシステム。そしてなぜか洗い場のドアは内からカギがかからないから、誰かにお願いして開け閉めしてもらう、から毎夜ドキドキなんです。



ウダイヤは海沿いにあるので、毎日夕日が見れます。
最近は雨季の時期らしく(でも全然雨降らない)ちょっと海にも雲がかかっちゃうから完璧な夕日はまだ見れてないけど、それでも海に沈んでいく夕日をみると日本は遠いなぁ~と浸ってしまう。

夕日が沈み帰ると、家ではいつもグテ(おやつ)が待っている。
c0209213_2237551.jpg

[PR]

by sweet_fish421 | 2009-10-23 22:49 | ラバト研修

ホームステイ9日目

10月20日



9日前からホームステイが始まりました。
ホストファミリーーはなんだかとっても賑やかで、暖かくモロッコファミリーに迎えられてます。
詳しくはまた今度時間のある時に。

インターネットが家にないので、なかなかブログを更新できずにいますが、一応生きてます。




昨日から風邪を引きました。熱はないけど、体がだるくて頭がボーっとします。

昨日からバスがストライキを始めました・・・・。

バスに乗れず、タクシーも混んでいてなかなかつかまらず・・・

学校行くにも苦労します。


ちょっと凹み気味の週始まり。


がんばるぞーーー!!
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-10-20 19:58 | ラバト研修

語学研修(フランス語)




10月6日(火)。

モロッコについてやっと一週間~!そろそろ日本のおいしい食べ物が恋しくなってくる頃。
(本当はもう2週間経つので少し時差があります)


今日からフランス語の授業がスタート。

c0209213_19261133.jpg
今回のフランス語の先生もモロッコで生まれ育った生粋のモロッコ人、

ムスタファ先生。

56歳。

子供は2人。

ラバト在中。教師歴は32年と大ベテラン。とても情熱的でかなり真面目そう。 とても声が大きいので、私たまにビクッとなっちゃいます。


ホテルからフランス語学校まで歩いて20分。
基本的に大通りを歩くため、車の排気ガスがハンパなく、結構つらいです。
お鼻・・・お花の毛が伸びてきそう(泣)


フランス語のクラスはたった一週間。

少しでも多く吸収しないと11月からどうしていいか分からなくなりそうです。街に出ると自分こんなにフランス語分からなくてやってけるのかな・・・と少し不安になってしまう。

c0209213_19264198.jpg

[PR]

by sweet_fish421 | 2009-10-10 19:27 | ラバト研修