カテゴリ:未分類( 8 )

今度はメクネスでお仕事です


ラバトでのスピコンが終わったと思ったらー

2日だけエルフードのに帰って、3日目にはメクネスの農業祭へ。

4月27日(水)~5月2日(月)にかけてメクネスで国際農業見本市という大きなイベントがありました。毎年開催され、モロッコ全国の食品・農業系企業やら団体が集まっての展示会及び販売会です。海外からもドイツ、フランス、エジプト、セネガル、インドネシアからも!モロッコ進出を企んでいる企業が参加していました。

巨大テント4,5個連ねた大きな会場。
c0209213_128930.jpgc0209213_1283259.jpg


展示の仕方も近代的でおしゃれ。
c0209213_1171197.jpgc0209213_117397.jpg


とても途上国とは思えません。こういうのを見ていると、本当に草の根的なボランティアを入れるより、もっとビジネス的な発展が出来るように支援する方が国が動くと思ってしまいます。色々なアソシエーションが連なってそれぞれのアソシエーションで作っているアロガンオイル、オリーブオイル、ジャムやクスクス、サボテンを加工した商品などもたくさんありました。どれもきっと外国の援助団体が入って工場などで作っているんだろうなというほどパッケージもおしゃれで少々高めで、外国人向けの商品開発をお金をかけてやっている感じでした。

お金がない活動先で細々と1DH、10DH単位でお金を計算してやっている私にとっては何だか哀しくなりますー。でもでも、プロジェクト的にお金をどーんと入れてやるビジネス的なことはあまり目標とせずに、むしろほそぼそと小さく活動していくことで一人ひとりの女性の自主性を育てているんだ!と自分に言い聞かせてます。目的の違いですね。お金が潤っても自主性が育たなければやらせれてるだけのプロジェクトになってしうしね。


さてさて、そんななか日本大使館の方がブースを確保してくれて、ボランティアの活動先の手工芸品を展示販売してくださいとのオファーがあったので行ってきました。今回は女性の同行なしで関係者のみ。
c0209213_1304212.jpg

それぞれの活動もあるのでボランティア5人で日程を分けてそれぞれ3日間ほど参加。他には大使館の人、調査団というJICAがODA委託しラシディア県のアソシエーションを中心に活動している企業の方も一緒でした。初めて話しましたが、ボランティアと同じで地元アソシエーションの活性化を軸に地域を良くしていこうという目的で活動しているそうです。

大使館が用意してくれたブースなので、大使館も日本をアピールするような展示でもあるかと思いきや、私達で自由にやってくださいとのこと。私たちのものは全てモロッコ人が作成した手工芸品。。。。広げてみれば日本国旗とJICAの活動紹介パネル以外はモロッコのものばかり。

お客さんには(手工芸品を手にとりながら)「日本でもモロッコと同じようなものあるのね。」
「日本人がなぜモロッコ製品を売っているんだ?」
「日本のものは何かないのか?」という質問が一日中・・・。

そのたびに調査団の雇われ現地スタッフがボランティアの仕事を説明してくれました・・。ほんとありがとうモハメッドさん。

私達日本人ボランティアは、見世物パンダのようにジロジロ見物され、写真を撮られ、
「ニイハオー」
「シノワ」(フランス語で中国人)、
「アチョー」(ジャッキーチェーン的な)、
「漫画好き」といった攻撃に精神的にも肉体的にもヘトヘト。

思ったよりも人も多く、お昼いくくらいしか持ち場を離れられず、3日間かなり大変でした。

もう2度と行くことはないでしょう、農業祭。

ただ、このイベントのおかげでモロッコ人相手に売れるもの、外国人相手に絞りクオリティーと値段をあげるべきものが大体分かった気がします。

次回の販売会の参考になればと思います。



さてさて、最後の日曜日は1年位ぶりかな? もとKタン隊員のカルメット村に遊びに行ってきました。本当はR隊員と一緒に行きたかったのですがスケジュールが合わず一人で訪問。

だけどナジェットの案内で、村唯一の絨毯折のおじちゃんの家に言ったり
カルメット散歩したり、
アミナの家でブラックベリーを採ったり
お腹いっぱいおいしいタジンをたべたり、

なかなか一人でも充実な村訪問でした。今度は6月に戻ってくることを約束して、その日の夜にエルフードに向けて出発しました。


エルフードに帰ってきてからは、ここ3週間の疲れと、いきなり寒くなった気候のせいか3日ほど熱を出し家に閉じこもっておりましたー。
今週は何もしなかったな。。。。。あーあ。 来週からまた気合入れなおしてがんばります。


長い日記でしたが、最後は最近恒例の華ちゃんベイビーショットでしめくくり。

今回は初めて三匹カメラ目線の一枚をいただきました。日に日に可愛さをましてゆく。
c0209213_2141836.jpg

[PR]

by sweet_fish421 | 2011-05-07 02:22

今年もよろしくお願いします


2011年 あけましておめでとうございます。



中間報告が終わり気が抜けたのか、久しぶりのブログですが皆さんお元気ですか??

今年も無事に年が明けました。

なんだか、千葉の桑原家ではウィルス性の風邪?胃炎?が流行り、散々な年末だったみたいですが、

エルフードでは天気もよく、年末ムードもあまりない穏やかな感じで年が明けました。



去年の年越しは砂漠ツアーでしたが、

今年も行ってきました砂漠ツアー。


2010年12月31日に

シャワルマでお昼を食べ
c0209213_6524020.jpg


ラクダに乗ってテントへ
c0209213_6552462.jpg


今年はこのメンバーで!!
c0209213_6573419.jpg


夜はいろんな国の人と火を囲み歌って踊りました。
c0209213_6582054.jpg



2011年の初日(リッサニT君撮影。私はベッドから出れず夢の中)
c0209213_70384.jpg




気付けばもう5回目の砂漠ツアー。

ラクダさんともだいぶ仲良くなれました!!


見つめ合ってーーーー
c0209213_735644.jpg


イェイ
c0209213_795016.jpg



エルフードに帰ったら去年と同じくお雑煮を食べて♪
協力隊仲間とおこたでみかんを食べ、M-1を観賞。まるで日本。


全く同じコースを去年(赴任3ヶ月目)したのを思い返すと
とっても遠い記憶な印象。
1年短いようで、中身のあった1年だったと思います。


モロッコ生活あと9ヶ月!!
もっともっと中身の充実した1年になるように!


日本にいる方も、モロッコにいる方も、今年もよろしくお願いします!!
[PR]

by sweet_fish421 | 2011-01-03 07:13

裁くのは神様


今日はちょっとまじめな話。

宗教の話になりますが、最近感じたことを書いてみます。



モロッコ人は結構見栄っ張り。
自分の事を良く思ってもらいたい。
そして、人の悪口を言う人が結構多い。

陰口が多いかっていうと、そんな陰気な感じではないのですが、
「いい人」か「悪い人」の2種類にきれいに分けて考えている節がたびたび見られる。

なんともスッキリ簡潔ですが、人間そんな簡単に分けられるものでもありません。
とっても良い人でもうそをつく事はありますし、出来心ってのもあります。
盗みをする人にもその人なりの正義があったりします。
世の中複雑なんです。

でもモロッコ人の友達と話していたりすると、
昨日あんなに「良い人ねーー」とほめていたのに、
次の日「あいつは悪い奴だ」と断言しちゃう場面も珍しくありません。

そういうさばさばした考え方はとっても潔いと思いますが、
「あの人は悪い。ムスリムじゃない! そして私は良い人間で敬虔なムスリムだ。」
と主張している姿を見るとどうしても納得できない気分になる。



私はキリスト教。プロテスタントのクリスチャン。
だから神を信じて、礼拝する。
神様に毎日を感謝し、神も人を愛す努力をしているつもり。

だからイスラム教の教えに同調できる部分も沢山ある。
イスラム教の信仰行為である5行(信仰告白、礼拝、喜捨、断食、巡礼)のうち、巡礼以外は理解できるし、クリスチャンもそうするべきだと思う。ただ、ムスリムのように義務づけられてするわけではないけど、日々の生活の中で信仰を告白し、礼拝をし、他人に与える事は教えられてきたし、思いがあって断食する人もいる。



話がそれたけど、そいうことで私はムスリム達と同じ神を信じているわけだけど、

自分が良い人間で、正しい事をしない人は悪い人間だとはとてもじゃないけど言えない。

自分が天国に行けるかも分からない。

それは神様だけが知っていて、人間を裁くことが出来るのは神様だけだから。

もちろん、私も人の文句や愚痴を言ったりはするし、人に怒ることもある。
だけど基本的に他人の人柄を否定するような事は言えたもんじゃない。
それは人を裁くことに繋がるから。

けど、モロッコの人は結構軽く人の人格を否定する。
あんまり考えて言ってるわけではないと思うけど、それを聞くと私はとても違和感を感じてしまう。
どんだけ人を悪い悪い、あいつは救われないとか言っても、それは神様にしか分からないじゃない?
いつも神様はいつも見てるって言ってるのだから、悪い人は神様がどうにかするっと考えれば良いじゃない。そんなに人のこと否定してる自分は何様じゃ?!と思ってしまうのであーる。


そしてどうして「自分は良い人間だ。」と確固たる自信を持って言えるのか。
それは、イスラム教の信仰行為、5行(信仰告白、礼拝、喜捨、断食、巡礼)があるからだと思う。
ムスリムはこの5行を大切にし、毎日5回の礼拝も守ろうと努力している。

私はお祈り中に寝ちゃったりするし、モロッコに来てから教会にも行ってないので、
ムスリムから見たら超ダメなクリスチャンだろうなー。

だからこそ、モロッコ人の5行を守ろうとする努力はすごいと思う
(祈りのために朝5時に起きたりするし)。

だけど、この5行さえしてれば敬虔なムスリムと言えるのか?

その行為だけで神様の救いが獲得出来るのか?

それがただの習慣や義務に成り代わってしまったら、心が伴わなくなったり、高慢になったりしてしまうのではないかなーと思う。そして自分が良い人間宣言に繋がるのかな。

でも実際、5行を守る誠実さとか尊敬するし、
根に持たないスッキリとした性格好きだし、
こんな私にも家族のように扱ってくれる、モロッコ人の優しさはありがたい。


ただ、「人を裁く」事について考えてたらこんな気持ちになったのです。

ちゃんちゃん。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-05-29 07:41

10000人


Mixi日記のカウンターですが、

10000人 の訪問達成♪


10000人目の訪問者は
       「Big Mountain」 さんでした。


最近マイミクになったばかりよねー。



調べてみたらMixi始めたのは2005年9月だった。
昔の自分の日記を見るのは恥ずかしいっ(>_<)
つかず離れずといった感じでわずらわしく感じる事もあるけど、いきなり昔の友人と繋がれたりするのは便利だなと最近思います。

そして4年目の今日、サンシャイン牧場という名のアプリ機能でせっせと農場やっちゃってます。
最近ラクダが飼えるのですが、成人するととてもブサイクで買い溜めしたのを後悔してます。
モロッコまで来て何をやってるんだか・…。


ちなみに、当ブログ「Ailana」のカウンターは 1,525人でした。
これは始めて3カ月。

2年間ちゃんと続くかな~。

c0209213_20471387.jpg


亀のようにポレポレ行きます。 
          ※スワヒリ語でゆっくりの意
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-12-11 20:48

おわび


ここにきてるということは、もうお気づきだとは思いますが、

このたびMixi日記を外部ブログにリンクしてしまいました。


Mixiユーザーが外部ブログ使いにくいと思い、あまりリンクしたくなかったのですが

いちいち同じ記事を両方にアップするのが面倒くさくなったという私の個人的な理由です。


ただこちらの方が写真を自由にアップできるので様子も伝わりやすいかと思います。

Mixiユーザーの方には迷惑かけますが、これからもご愛読お願いします。


c0209213_9352772.jpg


よろしくにゃ~
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-11-21 09:30

到着!


2009年9月29日、モロッコ時間の昼12:30位に空港へ着きましたー。
ひゅ~~
c0209213_436016.jpg


暑い!というよりも 熱い!

秋になってきたとはいえ、やっぱり昼の日差しは熱い。日焼け止めヌリヌリしながら町を歩かないと、いつの間にかコンガリころけになってしまいそうです。でも夜は結構涼しいのでジャケットが必要だったり。


c0209213_4555461.jpg首都ラバトの町並みは、予想とは違いとても広くて、明るくて、都会的。
聞いてた通り、車はどんどん割り込み運転、歩行者も自転車も車とスレスレで道を渡る、駆ける、飛んでゆく。交通マナーに関して言えば、先進的とは言えないけど、道路の整備とか、スーパーマーケット、レストラン等など、とても良く綺麗にできていて、自分の中の発展途上国とは全然ちがうイメージ。物価もそんなに安いわけではない。

c0209213_4564460.jpgやっぱり、外国人向けのビジネスも沢山あり、首都や都会に関して言えば先進国に引けを取らない発達をしてるんだろうなと思う。世界の中でもモロッコ国としての経済発展レベルは中の下、下の上といった位置だそうで、必ずしも援助が必要なところばかりではない。むしろ、モロッコがほかのアフリカ最貧国などに援助を行っているのも事実。モロッコ役人の中には、日本から援助をさせてあげているといった考えの
人もいるそうです。ただ、都会は発展していく一方、田舎に行けば行くほど、教育レベルが低かったり、食べていけない人が沢山いたり、交通規制はないも同然だったり、インターネット・電気が安定してなかったり、なんだか急ぎ足で先進国の仲間入りをしたいがために、おいてけぼりにされている部分が沢山あるなぁ~と感じます。地域格差もかなり激しいみたいです。私の任地は首都からかなり離れた田舎にあるので、そんな都会と田舎の違いをみるのも面白そうだなと思ってます。

ホテルの部屋
c0209213_52285.jpgさてさて、モロッコに来てやっと3日がたちました。空港に着いてから、ホテルのチェックイン、銀行口座の開設、各大使館へのあいさつ、いろんなオリエンテーションがあるけれど、すべてJICA事務所の方々が手厚く手伝ってくれて、もうすべてまかせっきり。今のところフランス語も日本語に訳して説明してくれるし、本当に本当に感謝です。事務所の方とてもいい方で2年間安心して頼りに出来そうです。


今日はモロッコの外務省へ9人全員であいさつに。フランス語で自己紹介をして、あとはJICAスタッフにお任せ~。何やら長いこと、なぜ私たちが配属されるところにボランティアが必要なのか?なぜボランティアには女性が多いのか?など、難しいことを話していましたが、5%くらいしかわからなかった~。ふぎっ~!
c0209213_565511.jpg


午後は、日本の大使館へあいさつに。大使の広瀬大使はとても頭がよさそうな、感じのいい女性でした。一人ひとりの仕事内容や状況などにもしっかり質問してくださったり、モロッコの現状を話したりと。


そして今日、やっとネットがつながった!!
ホテルのネット状況が悪くとても不安定なので、なかなかメールできなかったり、ネットカフェ行く時間がなかったり、ネットが遅すぎてイライラしたり。そんな感じでブログを続けていくのかな。

モロッコの王様の王宮。でかい!!周りは高い壁に囲われ、兵隊さんに守られてます。モロッコの王様は世界でもかなりお金持ちだそうです。
c0209213_5183919.jpg


ラバトの中心街。国会の周りはとってもきれい。
c0209213_5195811.jpg


まずはラバトで1カ月研修です。来週1週間はフランス語研修。2週目からアラビア語研修とホームステイが始まります。
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-10-02 05:15

前夜祭


いよいよ出発です。
只今深夜3時。いまだに荷物の整理が・・・というより重量が重すぎてどうしようっ!!と悩み続けて早数時間。

c0209213_2242193.jpg
・・・・やっぱりこの子は置いてゆくしかないかしら(涙) 
c0209213_2285131.jpg

ブルともしばらくお別れ・・・(涙) 一宮のみなさん、本当にブルと桑原パパ・ママをよろしくお願いします。










自分は本当は友達作るのとか苦手・・・と思ってたけど、気づいてみれば自分の周りには沢山の友達と家族がいるんだなぁとしみじみ。2年会えない・・と思うと会いたくなる人が沢山いた。この2週間で会えなかった人が沢山。そう思いを馳せられる人たちがいるだけでも私は幸せ者だと思います。
パーティーやってくれたみんな、わざわざ千葉まで来てくれたり、東京出てきてくれたり…本当にありがとう。

c0209213_2141081.jpg
海風びゅんびゅん吹く中のまさかのビーチ DE ピクニック★ 


c0209213_2143635.jpg



そして最後の出発イブ。自分で自分を送り出すパーティーしました(笑)
っというよりも、私は今まで沢山の人にお世話になり、沢山支えられて、帰る場所がいっつもあったかくて。だからこそ外国に飛んで行けるんだな~と思い、感謝の気持ちを込めてみんなに集まってもらいました。

本当につたないパーティーで、やっぱり私が励ましてもらう側で・・・やっぱりありがとうって言いきれなかった。

細谷家カップ達
c0209213_2121868.jpg

小学生のころからお世話になってる、高橋ファミリー
c0209213_2195556.jpg


c0209213_2234993.jpg


みなさん会いに来てくれてありがとう~。
そして、ちょっとモロッコいってきまーす^^
[PR]

by sweet_fish421 | 2009-09-28 02:43

訓練生活


協力隊は派遣が決まると訓練が始まります。
JICAの訓練所は2か所あり、福島の二本松市と長野の駒ケ根市にある訓練所にそれぞれ分かれ約2カ月の訓練生活をします。21年度2次隊、二本松訓練所では今回200人(過去最高人数だそうです)。下は22歳~上は68歳まで、まだまだ学生さんもいたと思えば大学教授がいて、みんな同じ釜の飯をたべ、合宿生活。まさに人種のるつぼのような、面白い場所でした。日本ではない。

そんなるつぼちゃん達を紹介。

我が愛するフランス語の仲間たち。真中は誕生日に生クリームアタックをくらったムッシューじゅんじ。
c0209213_0504287.jpg

授業風景。やる時は真面目に。
c0209213_0515875.jpg

クラスの先生『モハメッドくん』。モロッコ人。 
c0209213_0523311.jpg

ほぼ毎日、一日5時間のフランス語授業、そしてさらに自己学習・宿題などで訓練生活の70%はフランス語漬。最初は不安だったけど、クラスの仲間がサイコーで、面白いし頭はいいし。このクラスの仲間がいなかったら、フランス語好きになれなかったかもしれないなぁ。ありがとーー。

c0209213_123421.jpg
そして次にありがとうしたいのが生活班の5班メンバー。訓練生活の70%が語学だとしたら、残り30%あげちゃいたいくらい濃い時間を一緒に過ごしたメンバーです。私を含め、マイペースな人間が多かった5班なので、班長と副班長のあんちゃん、まこっちゃんにはとても迷惑をかけました…。すいません。


c0209213_110637.jpg
談話室で勉強会。っていっても勉強してるのはフランス語・アラビア語・英語とみんなバラバラ。談話室で勉強してると、雑談の方が楽しすぎて私は集中力ゼロでした(笑)ここでお菓子を食べたり、ごろごろしたり、体操したり。談話室の写真は勉強してるか、食べてるか、寝てるか・・・・そんなんばっかだったよ?

生活班というだけあって、班のみんなはいつしか家族のような存在に。末っ子23歳から(なぜか私もたまに末っ子扱いだったけど)、お姉さん(姐御?)、あんちゃん、お父さん世代のダンディズム満点のジェントルマン達まで、計16人。そんなバラエティー富んだ16人が2カ月暮らせば、もちろん嫌な事も見えてくるんだけど、それを通り越しても好きになれちゃう人たちでした。そして私がどれだけ、平凡な人間で、ちっちゃい人間だなーって思えるくらい、みんな経験豊富だったり、内面がでかかったり。私はみんなに会えたこの2カ月だけでも協力隊に応募する価値はあると思う。
c0209213_128381.jpg

c0209213_123349.jpg

★班Tシャツ隊★
c0209213_1292950.jpg



勉強以外にも頑張りました。一応語学と講座以外は自由時間が多いので、その時間を利用してスポーツしたりイベントもやったり、自主講座を開いてみたりしていました。

班対抗バレーボール(カメラマンとして参戦!)
c0209213_1274710.jpg


社交ダンスでサンバ・ルンバ♪♪
c0209213_1302463.jpg


棟対抗スポーツフェスティバル。こんなに綱引き頑張ったのは初めてで・・・腰が・・・
c0209213_131572.jpg


散歩してみたり
c0209213_1323242.jpg



そんな2ヶ月

 『あっ!!!!』

というまに過ぎてしまいます。最初はだるかったラジオ体操も軽快にこなす自分に成長を感じた頃だったのに。。。英語が出てこないくらい、フランス語中毒になりかけた矢先だったのに。


2009年9月10日二本松訓練所は199名で修了式。 
たくさん不安は残るけど、それでも卒業できた。たくさん仲間ができた。とりあえず限界まで久しぶりに勉強した!余韻が残るくらい素敵な思い出ができた。だからちょっとはこれから任国で待ってるたーーーーーっくさんの問題とかストレスも耐えていけるのかな。二本松でなかったら、出会えなかった仲間に感謝。これからのそれぞれの活躍が楽しみで仕方がありません。




c0209213_1452811.jpg
c0209213_145589.jpg
c0209213_1462822.jpg

[PR]

by sweet_fish421 | 2009-09-22 02:07