2010年 10月 07日 ( 1 )

らまだん体験


8月11日~9月11日までモロッコではラマダン(断食月)がありました。
イスラム教徒が待ちわびるラマダン。

ラマダンとはムスリムにとって神聖な期間で、ラマダン中にはいつも以上に熱心に祈り、コーランを勉強して、ムスリムとしての徳を高める事ができる月。イスラム教が勧める善行もいつもより忠実に守られ、ゴミも捨てないし、タバコも吸わない。喜捨(貧しい人に恵みを施す)や祈り、善行をすればムスリムポイント2倍UPだそうです。ラマダン得徳キャンペーンだな。

特にラマダンは断食月というだけあって、日が出ている間は断食・断飲!信仰的な試練を自分に課し、食べ物に対するありがたみを感じたりするそう。生活もガラリと変わり、皆とにかく昼間は体力を消耗しないように努め、日没時7時ごろのモスクから流れるアザーン(お祈りの放送)の合図で各家庭一斉にフトール(朝食)をいただく。夜7時に食べるのに朝食・・・。

このフトールがステキに豪華なもので、ナツメヤシから始まり、飲み物は水、お茶、牛乳、ジュース各種が用意され、色々な食べ物が食卓に並ぶ。10時間飲まず食わずの反動もあり夕方以降は食べ放題のお祭り気分になれる。私も大好きなモロッコ料理、ホブスシェハマ(写真)が出てくるので毎回ウキウキ(自分は断食してないのに、毎回人の家にフトールをご馳走になりに行く。そして暴飲暴食。

ホブスシェハマ。
c0209213_948233.jpgパンの生地を薄く伸ばして中に刻んだ味付け野菜を包んだ激ウマ高カロリーおやつ。大好きです。


家庭や地域によってフトールの内容は違うみたいですが、エルフード近辺はナツメヤシ、シェハマ、ハリラ(モロッコスープ)と+αが多かったです。

そしてフトールを食べてお腹と心が落ち着いたら、
ここからモロッコの夜は長い!

11時くらいまで、友人の家に遊びに行ったり、外で社交して

12時前後に夕飯!(ここでどーーんとタジンが出てくる)
夜中だからって胃に優しいものとかじゃないんです。

そして2,3時までテレビを見て、ダラダラ。

4時ぐらいになーーんとおやつ登場・・・。
日が昇る前にお腹に何かを入れておくそうです。

そして就寝。
昼間で寝て、ちょっと仕事をして、又休む。
だらーーーんとした生活はまるで猫のようですね。

私は村で4日くらいモロッコ人とともにラマダン体験しましたが、
日中の暇さには参りました。
そしてご飯もフトール以外は食べるのマジ辛かったです。
日中食べないといってもそんなすぐに食欲の改造できません。


そんな日本では常識はずれな生活になるラマダンですが、
この皆で断食してるという一体感と食事をする時の気分の高揚は少し癖になりそうな気さえする。
そしてフトールの時間になると家族全員が集まりワイワイ食事を楽しめるのは素敵な文化。食事の豪華さや夜の町の賑やかさを見ると、モロッコの人がラマダンを楽しみにしている気持ちも分かります。



☆今回はハナボウ集落のハディジャの家で4日ほどお世話になりましたー。

c0209213_9584940.jpg 
これはバターとルブン(バターミルク)を作ってる最中。家の牛からとれた牛乳をひたすら2,3時間・・・・揺らし続けます。とっても暇だったので少々手伝いましたが30分くらいでギブ。この努力の末にあのおいしい自家製バターとルブンが出来上がってるのだなーーー。。私はおいしく頂いてるだけだ。ありがとうです。

[PR]

by sweet_fish421 | 2010-10-07 10:13 | エルフード日記