2010年 05月 31日 ( 1 )

誕生祝



最近子だくさんなハナボウの話をしましたが、
いつもお世話になってるハディジャに子供が生ました(1ヶ月前ですが)。

待望の赤ちゃん。

実はすでに3人の男の子を生んでいるので、家族全員期待してたのは女の子だったんですが、
この家は男ッ気が強いんでしょうか4人目も男の子でした。

ま、でもそれも神様の御心のままなので皆満足。

c0209213_18485859.jpg

やっぱりぐるぐる巻き。
c0209213_19135148.jpg


さて、私はこの子が生まれてから6日目に家に遊びに行ったのですが、
名前はまだありません。
ここでは、子供が生まれてから1週間後(7日目)にイスラム教の儀式があり、
羊を一匹殺し、そのとき初めて子供に名前が与えられるのです。


っとはいえ、実は考えている名前あるんでしょー?と思いつつ、つっこんでみたけど、
「さぁ」とか「インシャッラー」とか微妙な反応。
でも横でお父さんがぼそっと「ムーラッドっていい名前だなぁー」とか言ってたり(笑)


そして、7日目のお祝いに参加しました。

その日は、お客さんも呼ぶということで、家の女性達は親戚も呼んで朝の5時くらいから大忙し。
私は手伝えることもあまりなく、ぷらぷら。

8時くらいに朝ごはん食べて、ゆっくりしていると、屋上で何やら作業をしている様子

あれ?! もしかしてももう羊殺してる??!

そういうのって家族全員で参加しながらやるもんじゃないノー?



慌てて上に行ったら、男の人たちがまさに羊を殺す瞬間でした。
羊犠牲祭の時と比べたら小振りの羊。
c0209213_18595565.jpg
誕生儀式のときは小さめの羊を殺すんだそうです。

孫まで手伝ってて、こうして男の子は羊の捌き方覚えるんだな。
えらいえらい。


そしてちょっと合間を見て、居間に下りたら
テレビを見ながらゆっくりしてたおとうちゃんが

「よし、名前はムーラッドだぞーー。」と一言。

そんなんでいいんだ。
羊儀式、お父ちゃんも、お母さんも、当赤ちゃんでさえも無参加でいいんだ。
こんなバラバラな儀式でもいいんだ。

っとなんとも適当な拍子抜けの儀式を済ませ、

赤ちゃんの名前は ムーラッド君に決定♪


そして昼~夕方にかけては親戚をたーーーくさん集めて、大昼食会。
皆さんプレゼントを持ち寄り、きれいなカフタンを着て、親戚と友達勢ぞろいでした。

当のハディジャと赤ちゃんは最初の方は居間に出て赤ちゃん見せたりしてましたが
お客さんが増えてくと奥に引っ込んだまま出てこなくなっちゃった。

あれーーっと思って様子を見に行ってみると

寝てた・・・(笑)


朝から色々あって疲れたんだねーー。

モロッコのパーティーは主役がいてもいなくても関係なし。
みんなでだべって、食べて、楽しみ、帰っていくのでした。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-05-31 19:18 | エルフード日記