カギ編み流行中


2月の活動。


もう3月ですね。
モロッコに来てもうマル5カ月。月日は早い。

2月はアソシエーション4つを周りました。

そのうちITRANハナボウ集落ではカギ編みが中心です。

最初教えられることがなくて、手芸と言ったらカギ編みが好きだったので始めました。何個かサンプルも作りながら、モロッコ人にうけるものを!と。


今のところ大ウケのルームシューズ。右は子供用。
c0209213_7203426.jpgc0209213_7205491.jpg

最初は甲の部分と底の部分を別々に作ってから、横で縫い合わせていましたが、教え始めると甲と底のサイズ合わせが難しくて、縫い合わせるときに無理やりに。何度か試し、上から一気に底へ減らし目をしながらいくとサイズ調整が楽な事を発見。しかも端処理の手間も減りスッキリなルームシューズに。このやり方でやり始めたらなんとか形のいいルームシューズを作れる人が出てきた。ただ減らし目というのが理解できない人が多く、そこが苦戦中(>_<)。

もう一点。
c0209213_7291244.jpg
モロッコと言えば、アチャイ。
アチャイっと言えばティーポット。
ティーポットと言えばジャジャ(アラビア語でニワトリ)。

たまに見かけるティーポットに付けるジャジャの鍋つかみを作ってみました。
下にひく、おそろいの鍋敷きも現在作成中。



こんな感じで、結構毎日カギ編みしています。

1月位からカギ編みやり始めたハナボウは(もともとカギ編み出来る人もいたせいか)
最近は編み図を読めるようになって、編み図だけ提供すればほとんど自分達で作ってしまいます。それがどうした??って思う人もいるかもしれませんが、モロッコ人は地図を読めない人も多いのです。モロッコでは日常的に本を読む、図を読むなんて事を殆どしない。だから本に書いてあることを、頭で理解して、それを現実の世界で形にするという事がとても難しい(特に教育がない人)。だから私はハナボウの何人かでも、カギ編みの記号を覚えて、その記号を並んでるのを見て、考えて、次のステップを実行するってだけでもすごいことだなと思うのです。

って感じで、少しでも自分の活動の意味を見出したいとポジティブに考えてみたり。

私の周りではカギ編みが好きな人が多いみたいなので、新しいこと始めてもカギ編みは続けていきたいなと思う。その為には自分のスキルアップも求められるのですが・・・。


ちなみにモロッコには手芸本なんてないので、
時間があれば、手芸の大好きなモロッコ女性の為に手芸本・アイディアをまとめて作ってあげたいなとおもう今日この頃です。その為にはアラビア訳をしてくれる人が必要だなー。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-03-04 07:49 | 活動