チーズ作り


2月20日(土)~21日(日)


今週末はチーズ作り。
ピースコー(JICAのアメリカバージョン)の子がボランティア向けにチーズ作り講座をしてくれた。

3日間のワークショップで7種類のチーズ作り。
私は週末だけの参加でした。


今回作ったのは5種類

1.フェタチーズ (塩味の聞いたポロポロ系チーズ)
2.クリームチーズ
3.リコッタチーズ
4.ヨーグルトとヨーグルトチーズ
5.ゴータチーズ(ハードチーズ)


というチーズ勢ぞろいワークショップ。
実際チーズの種類はあまり気にしたことがなかったけど、普段食べてるとろけるチーズの他にも沢山種類があるんだなという印象。


行程は牛乳を温めて、乳酸菌、と乳を固める酵素を入れて、余分な水分を抜いていくというシンプルん作業。だけど、チーズの種類によって何度まで牛乳を温めるかや、ホエー(乳清)の抜き方、それぞれの行程の時間などが色々違って、同じ材料なのに、作り方によって違うチーズになるんだなと、えらく面白かった。

そしてチーズはデリケーーート!
温度が低すぎるとうまく固まらないし、高すぎると菌を殺してします。
だからいつも温度に注意してチーズの機嫌を取る。
凝固物が出来て来たら、凝固物の組織を壊さないように丁寧に丁寧に優しく扱ったり。
とにかく待ち時間が長いくせに、常に気にかけていなきゃいけない様で、とっても箱入り娘なチーズ様。

どのチーズ様も待ち時間があり、一日目に作ったフェタチーズは最低一週間、ゴーダチーズも3週間・・・・。試食までの道のりは長く他のチーズも試食までは至らず泣く泣く帰ってきました。


家で自分でやれってことね。
でも特別な道具がなくても、モロッコにあるものでチーズが作れることがわかり大変勉強になった。
村でも新鮮牛乳が取れるので、このワークショップをアソシエーションでも紹介したいなと計画中。

モロッコ人(村人)がどこまでチーズを受け入れるかわからないけどきっとどれかはいけるはず。
[PR]

by sweet_fish421 | 2010-02-22 06:46 | エルフード日記