ラバトの家族

10月23日

6日からホームステイが始まりました。今日で12日目。
1週間過ごしたけれども、慣れないモロッコ人の生活っぷりについてくのはちょっと疲れるというか、
「え~?」ってことも良くあるので毎日勉強です。

アラビア語研修も始まりホームステイも重なり少し疲れ気味のモロッコ3週目。


さて、ホームステイ先ですが

ラバトのウダイヤ。
c0209213_22381957.jpg



c0209213_22413010.jpg
メディナ(旧市街)から抜け出て、海沿いに建つ赤茶色いカスバ(城壁)に囲まれたちょっとラバトでも有名な名所。っといっても中は密度高めの住宅街なんだけど、なんともモロッコらしい家々が続く。家の壁は白と青で統一されていて、所狭しと家族が住んでいる。







家の入口
c0209213_22425019.jpg


ホームステイ先はEch-Chaih家(←読めない…)
ホストママはNezha。48歳(現在)。なんとアラビア語の先生でいらしゃっる。

すごく助かるのは、スウェーデンのから留学生、Linn. モロッコの語学学校に通いながらフランス語を勉強しているんだとか。彼女はフランス語もとてもうまいし、英語も流暢なのでたまに通訳してくれるし、家のことで理解できないことは彼女にまず聞けるので密かに私の心の拠り所。

c0209213_22442723.jpgNezhaのお父さん。こちらの2人はほとんどフランス語を解さないので、学校でならったアラビア語を精いっぱい使い会話しようとしてますが・・・今のところ「元気?」「お茶欲しい?」「もうお腹いっぱい」ぐらいしか言えてません(笑)

そして、多分Nezhaの妹と弟も住んでるんだけど、いまいち関係性が掴めない人達が住んでる。ちょっとフランス語で聞いてみたけどあんまり分からなかった…。

一般的にモロッコ人の家庭には祖父祖母、息子娘はもちろん叔父叔母とその子供たち等々、とにかく親族がごちゃごちゃしながら一緒の家に住んでる(らしい)。Nezhaのお姉さんもすぐそこに住んでるが毎日のようにNezhaの家で編み物やって泊って自分の家に帰ってる。昨日は見かけなかった人が(でも家族らしい)今日は隣で一緒にご飯を食べてる。ほんとに毎日色んな親族がふら~っとやってくるので、誰が誰とどういう血縁なのか理解するのは不可能に近い。


家自体は覚悟を決めて行った割にはなかなか綺麗な家でした。部屋はNezhaの部屋を私のため空けてくれたのでとても綺麗な部屋だし、トイレも臭いけど洋式。洗面台もあるし、ご飯も今のところ美味しい。しかも昨日はデザートまででた!甘かったけど。



意外だったのはお風呂がない。のはいいんだけど、シャワーもない。。。
代わりに洗い場みたいな所で体を洗う。Nezhaが大きなバケツにお湯を溜めて用意してくれるので、そのお湯を計量カップ的なものですくって体を流すシステム。そしてなぜか洗い場のドアは内からカギがかからないから、誰かにお願いして開け閉めしてもらう、から毎夜ドキドキなんです。



ウダイヤは海沿いにあるので、毎日夕日が見れます。
最近は雨季の時期らしく(でも全然雨降らない)ちょっと海にも雲がかかっちゃうから完璧な夕日はまだ見れてないけど、それでも海に沈んでいく夕日をみると日本は遠いなぁ~と浸ってしまう。

夕日が沈み帰ると、家ではいつもグテ(おやつ)が待っている。
c0209213_2237551.jpg

[PR]

by sweet_fish421 | 2009-10-23 22:49 | ラバト研修